HOME 製品情報



2009.01.14

デジタルサイネージアプライアンス新発売!

コンパクト・ファンレスの構造を持った堅牢なデジタルサイネージ・アプライアンスをこの度発売開始致しました。 
デジタルサイネージ・アプライアンスは端末機であるプレーヤー、コンテンツマネージ(ソフト)、およびデバイスマネージャー(ソフト)からなっており、コンテンツマネージ(ソフト)、およびデバイスマネージャー(ソフト)はWindows OS(Win XP Professional)で動くサーバーにインストールして使用します。
動画、静止画像、Web、あるいはテロップ等を決められた画面配置で、スケジュールに従ってモニター表示が簡単に行えます。 直感的なWebベースのリモートコンテンツ・デバイス管理が出来ます。
製品の特徴は下記のとおりです。

デジタルサイネージ・アプライアンスの特徴:
- 組込みWindows XP OS
- 直感的なWebベースのリモートコンテンツ・デバイス管理
- 設置と据え付け作業が容易なコンパクトサイズ
- ファン付きあるいはファンレス、またフラッシュメモリタイプとHDDタイプの2タイプをご用意
- ワイヤレスネットワーク機能(オプション)
- イメージ、ビデオ、フラッシュ、URL、RSSの各種フォーマットをサポート
- リアルタイムあるいはスケジューリングによるコンテンツプレイバック
- 自動コンテンツダウンロードリカバリー(ネットワークエラー発生後の再起動時に、端末機では自動的に継続してコンテンツを再生して、スケジュールを再読み込みする機能です)


2008.11.12

リバースKVMスイッチ MultiStation CATx新発売

1台のサーバーを、最長300mまで離れた二人のリモートユーザーがCATxケーブル経由で「早い者勝ち」の原則で使用出来るリバースKVMスイッチ MultiStation CATxをこのたび発売開始しました。

2人のユーザーあるいはリモートユーザーが1台の重要なPCを早い者勝ちの原則で使用するようなビジネス環境ではMultiStation CATxは最適な選択肢です。
MultiStation CATxは、コンピュータを2組のキーボード・マウス・モニターからCATxケーブルを使用してそれぞれ最長300mまで離した所で操作できます。300mまでの範囲内であればCATxケーブルはどのような長さでも使用できます。MultiStation CATxは、ケーブル長を自動的に計算し、利得及びイコライゼーションの設定、またビデオスキュー(オプション)の調整も自動で行い、鮮明な画像を映し出します。調整の為のジャンパーピンやノブは一切ありません。
コンピュータへのリモートアクセスはあらゆる場面で非常に便利です。たとえば、環境の良くない工場内、騒音や高温の環境等でコンピュータ とオペレータを離して使用する事は必要です。
MultiStation CATxには次のモデルがあります:
PS/2 Dualアクセスモデル
USB Dualアクセスモデル
オプションとして自動ビデオスキュー歪調整機能があります。

特徴:

- CATxケーブルでキーボード・マウス・ビデオ信号を最長300m離れた2組のキーボード・マウス・モニターまで延伸
- 先進的な自動補償・イコライゼーション機能
- 自動ビデオスキュー歪み調整機能(オプション)
- PS/2コネクタタイプとUSBコネクタタイプの2種類ご用意
- 最大1600 x 1200のビデオ解像度をサポート
- キット製品はトランスミッタ(PC側に接続するローカルユニット)1個とレシーバー2個(リモートユーザーが使用)を含みます。


2008.11.07

2.5インチ型SATA2-to-SATA2ミラー装置新発売

2.5インチ型SATA2-to-SATA2 ミラー装置「AccordMirror-2.5AA」をこの度発売開始しました。 IDE-to-IDEミラー装置AccordMirror-2.5の後継機種として登場しました。
ドライバーやアドオンカードは不要で、大部分のPC及びOSに対しプラグアンドプレイ接続が可能です。
Windows Vista/XP/2000/2003, Linux等の主要OSをサポート。サーバーの2重化された起動OSディスクとしてもご利用できます。


2008.10.21

MultiViewer & VideoWall用UltraVista新発売

一つあるいは複数のビデオソースを複数の画像表示装置全域に表示する為のモジュラーシステム "UltraVista"を発売開始しました。各々のディスプレイはビデオ全画面、あるいは全画面のうちの一部を選択し表示できます。デジタル及びアナログ入力信号をサポート。DVIの最大解像度は1920 x 1200、VGAの最大解像度は1600 x 1200@60Hz、また、HDTVの解像度は1080pです。

UltraVistaの特徴:
■ HDTV、アナログおよびデジタル入力信号対応
■ Mメディアプレーヤー、DVDプレーヤー、あるいはPCのような様々なビデオソースに対応
■ 単一のビデオソースを次のように表示できます:
- 2台あるいは4台のモニターに同じ画像を同時表示
- 2台あるいは4台のモニターを集合モニターにしてに単一のビデオ画像を表示
- 4台のモニターの内特定の1台に画像の一部を拡大表示
■ それぞれ設定した画像表示を素早く切り替えるための4つのプリセットボタンをご用意
■ 複数のビデオソースを結合できます
■ 拡張のためのモジュラー技術を採用
■ ビデオソース任意の部分を選択し、任意のディスプレイ領域に拡大し表示出来ます。
■ PiP (Picture-in-Picture)機能



2008.10.10

Cybernetech DDR (20Gb) InfiniBand銅線ケーブル新発売

独特なパッキング技術により、他社で一般的に採用されているランダムケーブリングに比べ、大きなスペースを節約出来、また最大25%もケーブル直径を短くする事が可能な新型DDRインフィニバンド銅線ケーブルを新発売。
特徴は下記の通りです:
- 伝送路の信号の完全性を改善
- 外形直径を減らします。他社の4XAWG28に対して4XAWG26を使用
- 容易なルーティングとケーブルマネジメント
- より小型で密な折り曲げ半径
- ケーブル密度の増大
- 重量の軽減


2008.09.27

ギガビットスイッチNX1616G4M及びNX1624G4M新発売

16ポートあるいは24ポートのギガビットポートとMini-GBICのコンボ4ポートを持ち、広ネットワーク帯域で高速ファイル転送を要求するアプリケーションに適したギガビットネットワークコンボスイッチ NX1616G4M及びNX1624G4M の2機種を同時発売開始しました。


2008.09.06

SynchroMaster 555 発売開始

2つの高解像度コンピュータあるいは画像発生装置からの画像を合成してひとつのコンポジット画像にする事が出来るオーバーレイヤー・キーヤーのSynchroMasterR 555をこのたび発売開始しました。
2つの画像信号、すなわち一つの前景画像と一つの背景画像はデジタル化及び同期化された後に1920 x 1200ピクセルの解像度で混合されます。 SynchroMaster 555は、優れた画像品質でRGBアナログ及びDVI画像のカラー・キーイングを可能にします。 装置への入力ポートは2つあり、一つはRGBあるいはDVIチャンネルでどちらかを使用できます。もう一つはRGBのみのチャンネルです。2つの異なるラインレート、フレームレートの信号、また異なるインターレースフォーマットの信号を同期させ、混合させます。クロマキーテクニックを使えば、一つの画像信号は、その色が特定の色の範囲内にある場合はその色の所を透明化出来ます。それによってもう一つの画像がその色の所に透けて見えます。それぞれのチャンネルは前景あるいは背景信号として配置出来ます。出力信号は2つの入力に対してgenlockされます。また、出力はRGBあるいはDVIのどちらでも対応できます。


2008.08.10

Multi-Window Processor用KvMオプション発売開始

SuperView4000、及びQuadView HDと一緒に使用可能なKvMオプションソフトウエアを発売開始。KvMオプションを使用する事により、マルチウインドウで表示される複数ののリモートソースコンピュータを簡単なマウス操作で大型モニターの画面上で完全制御出来ます。コンピュータ信号を表示しているウインドウの中にマウスカーソルを持って行き、左ボタンクリックするだけでそのコンピュータの中に入っていけます。その後は、あたかも直接キーボード・マウスを接続しているような感覚でそのコンピュータの操作が出来ます。全体画面操作に戻るためには、単にウインドウの外側にカーソルを移動させるだけです。直感的な操作方法で、全体画面操作及び個別コンピュータ操作が簡単に実現できます。


2008.08.03

デジタル・マトリックススイッチャー LINX DVI 8x8発売開始

高性能ノンブロッキング(非干渉型)DVI 8 x 8マトリックスルーティングスイッチャーLINX DVI 8x8を発売開始しました。8つの入力ポート及び8つの出力ポートを持っています。すべての入力は任意の又はすべての出力ポートで出力出来ます。LINX DVI 8x8はDVI信号の純粋なデジタルスイッチング及びルーティングを行います。デジタルの信号源とデジタルディスプレイと組み合わせれば、完全にエンドツーエンドでデジタル信号の分配を行うことが出来ます。 LINX DVI 8x8デジタルスイッチャーは最大1600 x 1200及び1080pまでの入力信号と全1.65Gbit/sec DVI標準をサポートしています。


2008.07.31

Video Recording & Streaming装置発売開始

この度、RGBスペクトラム社の高解像度デジタルレコーディング&ストリーミング装置 DGy((Digital Graphics version y)Codecを発売開始しました。DGy Codecs(デジタルレコーダー&ストリーマー)は高スキャンレートのイメージを録画、伝送、あるいは動画再生します。JPEG2000圧縮技術を利用しビデオ損失が全くない録画を実現しています。DGyシステムは、リアルタイムのコンピュータイメージ、レーダー、ソナー、前方赤外線監視装置(FLIR)、エックス線、 HDビデオを最大20fps@1600x1200あるいは30fps@1280x1024の解像度で取り込み圧縮します。 JPEG2000ウェーブレットベースのCODECは、DCT(離散コサイン変換 = Discrete Cosine Transform)ベースの圧縮方法よりも優れた結果を出します。