HOME 製品情報



2010.09.07

Extron社業務用ツイストペア製品のラインナップを拡充

業務用AV機器の中でも最近はCATxケーブル(ツイストペア)でビデオ信号、音声信号、あるいはRS232信号を延伸させて使用したいというニーズが急増。
当社はRose社製品加え、Extron社製品の業務用ツイストペア製品のラインナップを拡充しています。
ツイストペア製品は、コンポジットビデオ、Sビデオ、コンポーネントビデオ、RGBHV、オーディオ及びRS232制御を含む通常の信号タイプを、標準カテゴリータイプのツイストペアーケーブル経由での配信に適合させる為に使用される電気信号変換装置です。
コンピュータデータネットワーク用に幅広く利用されている低価格のCAT5, 5e, 6 UTPケーブルをビデオ及びオーディオ信号の伝送に使用するものです。


2010.07.29

イーサネットベース コンテンツ識別インテリジェントアダプター

イーサネットベース コンテンツ識別インテリジェントアダプターで銅線使用モデルと光ファイバー使用モデルの2機種をこの度新規発売開始いたしました。
Ethernet Content Aware Packet Director Intelligent Adapter(コンテンツを識別しパケットの振分け機能を持つインテリジェントイーサネットアダプタ)は サーバー及びハイエンドアプライアンス用に設計されたPCI Expressカードで、オンボードのスマートルーティングアーキテクチャーにより予め定義されたルールに基づきパケットの流れを制御あるいは振り落とす事が出来るように設計されており、次のような特徴があります:

コンテンツ識別bバイパス機能(Content Aware Bypass)
10Gbイーサネットコンテンツ識別インテリジェントカードは、予め定義したルールに従い、特定のパケットはホストシステムに、また特定のパケットは他にポートに流す事が出来ます。

コンテンツ識別コピー機能(Content Aware TAP)
10Gbイーサネットコンテンツ識別インテリジェントカードは、予め定義したルールに従い、特定のパケットはホストシステムにコピーし、その他のパケットは全て他のポートに流す事が出来ます。

コンテンツ識別ふるい分け機能(Content Aware Filtering)
10Gbイーサネットコンテンツ識別インテリジェントカードは、予め定義したルールに従い、特定のパケットはホストシステムに流し、その他のパケットは全て破棄する事が出来ます。


2010.07.04

ビデオスイッチャー2機種新発売

下記のAV機器2機種をこの度新たに発売開始いたしました。

(1)Vista AV
2,4,8,16個の入力DVIポート、1個の出力DVIポートを持つDVI ビデオ・スイッチャー
特徴:
DVI入力2,4,8,16に対し任意の1つをビデオDVI出力するビデオスイッチャー
DVI-Dシングルリンク解像度:最大1920x1200
PC、MAC、Linux、Sunのマルチプラットフォームサポート
切り替えは前面パネルプッシュボタンあるいはシリアルコマンド操作で行う

(2)UltraMatrix AV
8 x 8、16 x 16、16 x 32のAudio/Video 入出力を制御出来るオーディオ・ビデオ・マトリックススイッチ
特徴:
8 x 8、16 x 16、16 x 32のAudio/Video 入出力をスイッチング
モニターとスピーカーを最長で30mまで延伸
VGA/SVGA/XGA/RGBHV/SOGその他のビデオフォーマットをサポート
ビデオ帯域は200MHz
最大解像度は1600x1200
マクロルーティングシーケンスは最大50個まで記憶可能
拡張機能によりモニターの数を最大64まで拡張可能
ビデオ・オーディオ切り替えは直感的でわかりやすいソフトウエアで実行


2010.05.04

Boschインテリジェント・ネットワークカメラシステム発売開始

すぐれた画像解析を行うインテリジェントビデオ(IVA)解析機能を内蔵したボッシュ製のネットワークカメラシステムをこの度発売開始致しました。ボッシュ製のネットワークカメラシステムは、他社製品とは大きく異なり、カメラ内部にインテリジェントビデオ(IVA)解析機能を内蔵しており、別売のライセンスご購入によりキーコード入力ですぐに有効化出来ます。また、過去に録画済み映像の中から特定の動きパターンを容易に検出することが出来るフォレンジックサーチ機能もご用意しています。

大きな特徴:
(1)インテリジェント・ビデオアナリシス機能を有効にする事によりカメラ内で高度な異常検出を可能にします。

(2)フォレンジックサーチ機能を使用して録画済み映像のなかから特定の動きパターンを検出できます。これにより過去の録画記録を目を凝らして長時間チェックするつらい仕事から解放されます。

(3)赤外線投光機使用により夜間でのインテリジェントな監視活動を強化出来ます。


2010.04.25

廉価版管理型18ポートインフィニバンドスイッチ発売開始

36ポートまで拡張可能な管理型18ポートQDRスイッチ MIS5031Q-1SFCを発売開始。導入時のご予算に応じてお気軽に導入できる廉価版インフィニバンドスイッチです。ノード数増加に応じてポートを更に18ポート増やせる拡張型です。

特徴:
- 1.44Tb/sから2.88Tb/sまでカバーする拡張型QDRスイッチ
- ケーブル長に対する信号最適化機能内蔵
- QoS強化
- 最大6個の仮想サブネット
- 温度センサーと電圧監視機能
- 吸気・排気方向を変更可能
- 冗長化電源
- 交換が容易な空冷ファンドロアー
- 管理ソフトによる空冷ファン回転数調整機能


2010.04.25

光ファイバーを使用したDVIビデオ・エクステンダー新発売


SCタイプMultiMode 一芯光ケーブルを使用してデジタルフラットパネルをDVIビデオソースから最長700mまで離して使用出来るDVIビデオエクステンダー「CrystalView DVI Micro」をこの度新規発売開始しました。距離と解像度の関係は下記の通りです。

- 1920 x 1200 @300m
- 1600 x 1200 @500m
- 1280 x 1024 @700m


2010.03.29

8ポートDVI USB KVMスイッチ Vista DVI

8ポートDVI USB KVMスイッチVista DVI は、一式のキーボード・マウス・モニターで8台のDVI/USB/Auidoコンピュータを切り替えて使用出来ます。 選択されたコンピュータのDVIビデオ及びオーディオは、共通のキーボード・マウス・モニターに押しボタン操作、あるいは、簡単なキーボードのホットキー操作で選択され、出力されます。 2個のUSB 2.0ポートは、共有される高速のUSB周辺装置に接続する為に用意されています。これにより、8台のコンピュータ間でこのUSB周辺機器を共有し使用する事が出来ます。
各PCのスピーカー及びマイク出力はDVI KVMスイッチに接続されます。 これにより、各PCにそれぞれスピーカー及びマイクを接続する必要がなくなります。

特徴:
●デジタル及びアナログビデオをサポート
- デジタルビデオ:最大解像度1920 x 1200
- アナログビデオ:最大解像度2048 x 1536
●PC及びMacに対応するマルチプラットフォーム
●USB 2.0 x 2ポートのUSBハブ機能
●オーディオ及びマイクをサポート
●コンピュータ、USBハブ、オーディオ、マイクの独立した切り替え



2010.03.26

α-Ring対応工業用光イーサネットスイッチ4モデル新規発売

厳しい温度環境での運用に耐える様に設計された工業用光イーサネットスイッチ4モデルをこの度発売開始致しました。これらのモデルの最大の特徴は、広範囲な動作温度特性のみならず、冗長ネットワークプロトコールα-Ring(アルファリング)に対応しているということです。
α-Ring(アルファリング)とは、リンク不良により発生するパケット損失を最小限に抑え迅速なネットワークの回復を図るために開発された冗長ネットワークプロトコールです。非常に重要な業務ではノンストップでのデータ伝送は常に最優先事項です。α-Ringアーキテクチャは不意のネットワークの断線を15ミリ秒以内に復旧させ、復旧の過程で生じるパケット損失を最小限に抑える為の高速ネットワーク冗長メカニズムです。

新モデル4機種:
● NX62000
● NX63000
● NX65000
● NX71000

⇒ α-Ring(アルファリング)の説明



2010.02.28

SFP+モジュール内蔵10Gb NIC(SR, LR)2モデル発売開始

ハイエンドアプライアンス用に使用可能なサイバネテック推奨で短距離用・長距離用 の10Gb Ethernet NIC Card 下記2モデルを新規発売開始致しました。
(1)SCPE210G2SPi9-SR .... SFP+モジュール内蔵 850nm Short Range MultiMode Fiber
(2)SCPE210G2SPi9-LR .... SFP+モジュール内蔵 1310nm Long Range SingleMode Fiber


2010.02.19

Double-Take Availability新発売

リアルタイムデータレプリケーション & フェイルオーバーソフトウェアとして世界に知られたDouble-Takeの後継バージョンであるDouble-Take Availabilityが発売されました。

Double-Take Availabilityを使用する事により、データ保護や最小限のデータ損失を行い、システムが停止に陥っても直ちに復旧させる事が可能になります。ouble-Take Availabilityはデータに変化があると直ちにその変化をとらえ、バックアップサーバーがどこに設置されていようと、そのサーバーにそのデータの変化分を再生します。