KVMスイッチ
 
 リバースKVMスイッチ
 

 
 外部制御機器
 
 コンバーター
 
 専用ケーブル、アダプター、ラック搭載用キット
 
 KVMエクステンダー    AV製品



DVI / VGA KVM Extender over CATx or Fiber "Xcion +(サイオン プラス)
システムの紹介
これは、今日の要求の厳しい職場に最先端のソリューションを提供するRose Electronicsの取り組みの結果です。
Xcion + スイッチングシステムは、ビデオ品質を損なうことなく最大480個のノードに対応する大規模なスイッチングネットワークに最適です。
Xcion + スイッチングエクステンダーには、DVI、VGAおよびUSB拡張機能をCATxケーブルまたはファイバケーブル経由で提供する2つのモデルが用意されています。
各エクステンダーは、CATxケーブルを使用してイーサネットスイッチから最大 100m、マルチモードファイバケーブルを介してスイッチから 500mまで配置できます。

オプションのシングルモードファイバエクステンダーは、距離を 20kmに増加します。
フルHDTV 1080p @ 60HzおよびWUXGA 1920x1200 @ 60Hzまでのビデオ解像度がサポートされています。
リモートレシーバーエクステンダーには、4ポートUSB高速ハブが含まれています。
これは、キーボード、マウス、タッチスクリーン、タブレット、スキャナ、プリンタ、USBデータストレージデバイスなど、直接接続されたUSB1.1およびUSB2.0デバイスを4つまでサポートします。

スイッチングエクステンダーは、ギガビットイーサネットスイッチを使用して、DVIエクステンダのグループを効果的にKVMマトリックススイッチに変換する機能を提供します。
スイッチングXcion + エクステンダーをイーサネットスイッチに接続することにより、各レシーバーエクステンダーは、グループ内の任意のコンピュータ上のトランスミッター エクステンダーに接続できるKVMステーションとして機能します。
この方法で最大480台のエクステンダーを接続できます。

多彩なXcion + スイッチングエクステンダーを使用すると、すべてのトランスミッターエクステンダーがDVI-I入力コネクタを介してVGAビデオを受信できるため、DVIおよびVGAコンピュータを同じシステムで使用できます。
Xcion + スイッチングエクステンダーは、Xcion + マネージャーソフトウェアで使用するためのものです。
ソフトウェアはエクステンダーとシステムのユーザを管理し、アクセス権と共有を強制します。
Xcion + マネージャーの機能は別のマニュアルで説明されています。

コンピュータ間の切り替えは、オンスクリーンメニュー、ホットキー、またはSwitching Managerソフトウェアインターフェイスで行うことができます。
スイッチングは事実上瞬間的です。 スイッチングエクステンダは、マルチヘッドビデオコンピュータ間でディスプレイをグループ化して切り替えるためのデュアルヘッドとマルチヘッドをサポートしています。
すべてのXcion + スイッチングエクステンダーは、コンパクトなスチールシャーシにパッケージ化されており、堅牢で耐久性のある製品を必要とする産業アプリケーションやサイトでの使用に最適です。
トランスミッター エクステンダーおよびレシーバー エクステンダーシャーシは、ラックキャビネットにラックマウントすることができ、1Uシェルフに最大4台のユニットを並べて配置できます。
壁、テーブルまたはDINレールに取り付けることもできます。

特長
 品質の低下なしにフルHD 1080pおよび1920 x 1200 @ 60 Hzのデジタルまたはアナログビデオを拡張
 USB 1.1および2.0デバイスを64Mbpsまでの速度で透過的に拡張
 スイッチからの延長距離は、CATxでは 100 m、マルチモードファイバでは500 m、オプションのシングルモードファイバでは20 km
 RS232とアナログオーディオのサポート
 ビデオ入力ポートにDVI-Iコネクタを介してVGA入力
 トランスミッター エクステンダーのローカルモニタ出力は、入力に応じてDVIまたはVGAのいずれかを表示します
 5つの内部EDIDセット、またはリモートモニタのEDIDの選択
 4ユニットを1U 19インチラックに取り付けることができます
 単一のワークステーションから複数のPCを制御できます。
 複数のワークステーションを複数のPCに接続することができ、合計最大エクステンダ数は最大480台です。
 複数のビデオ出力を持つコンピュータ間でエクステンダのグループを切り替えるためのデュアルヘッドとマルチヘッドのサポート
 オンスクリーンディスプレイメニュー、キーボードホットキー、またはXcion + マネージャーソフトウェアを使用してスイッチングを実行できます。
 スイッチングは事実上瞬間的
 共有モードでは、複数のKVMステーションが同じコンピュータビデオを同時に見ることができます。
 レイテンシを最小限に抑えた視覚的にロスのないビデオ伝送
 ファイバーとCATxの混合装置を同じシステムに接続することができます。

 パッケージ内容

トランスミッター レシーバー
1 x トランスミッター エクステンダー 1 x レシーバー エクステンダー
1 x 12VDC 1A パワーサプライ 1 x 12VDC 1A パワーサプライ
4 x ゴム足 4 x ゴム足
1 x DVI ケーブル  
1 x USB ケーブル
Xcion+ マニュアル
追加ケーブルとRS232アダプタは、通常別途注文します。
パッケージの内容が正しくない場合は、問題を迅速に解決できるように、Rose Electronicsまたはリセラーにお問い合わせください。





製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。

お見積りフォームへ




 Xcion+ モデル

Xcion +は以下の2つのモデルで利用できます。
前面


背面図DVI CATxおよびファイバモデル
Xcion + DVI CATxトランスミッタエクステンダおよびレシーバエクステンダの背面図

Xcion + DVIファイバトランスミッタエクステンダとレシーバエクステンダの背面図


 コネクタの説明


Xcion +トランスミッタエクステンダのコネクタ
1. ocal-dvi-入力:付属のDVIケーブルを使用して、このポートをソースコンピュータのDVIポートに接続します。
2. local-dvi-入力:付属のDVIケーブルを使用して、このポートをソースコンピュータのDVIポートに接続します。
3. RS232:このポートからシリアルコマンドで制御されるシリアルデバイスにシリアルケーブルを接続します。
4. 出力:アナログオーディオケーブルをこのポートからソースコンピュータのマイク入力ポート(ピンク)に接続します。
5. kvm-リンク:モデルに基づいて、マトリックスを形成するために使用されているイーサネットスイッチに、CATxまたはファイバ相互接続ケーブルを接続します。
6. usb:付属のUSBケーブルを使用して、ソースコンピュータのUSBポートに接続します。
7. dc:付属の電源ユニットをここに接続し、AC電源に接続します。
8. local-dvi-出力:必要に応じて、このポートにDVIモニタを接続してローカルディスプレイを表示します。
10. 入力:このポートにアナログマイクを接続します。
11. RS232:このポートのシリアルケーブルを、制御RS232コマンドを発行するシリアルデバイスに接続します。
12. 出力:ステレオスピーカーシステムをこのポートに接続します。
13. usb:キーボードとマウスを含むUSB 1.1と2.0のデバイスに接続します。
USBハードディスクとフラッシュドライブもここに接続できます。
14. dc:付属の電源ユニットをここに接続し、AC電源に接続します。
15. kvm-リンク:モデルに基づいて、マトリックスを形成するために使用されているイーサネットスイッチに、CATxまたはファイバ相互接続ケーブルを接続します。
16. dvi-出力:出力DVIモニタをこのポートに接続します。

Xcion + レシーバー エクステンダーのコネクタ

 インストール

Xcion + エクステンダーは、KVMスイッチングマトリクスとして素早くセットアップできます。
最初のステップは、Xcion + マネージャーマニュアルに記載されているように、Xcion + マネージャーソフトウェアをPCまたはラップトップにインストールすることです。
ソフトウェアマネージャを起動します。

付属のビデオケーブル(DVI)とUSBケーブルを使用して、トランスミッター エクステンダーをホストコンピュータに接続します。
必要に応じてディスプレイをローカルビデオ出力ポートに接続します。
必要に応じて、トランスミッター エクステンダーのオーディオ入力ポートとオーディオ 出力ポートをコンピュータのピンクと緑のオーディオポートに接続します。
Receiver ExtenderをDVI出力モニターとUSBキーボードとマウスに接続します。
必要に応じて、アナログ入力マイクをオーディオ入力ポートに接続し、ステレオスピーカーをオーディオ出力ポートに接続します。

モデルに応じて、トランスミッター エクステンダーとレシーバー エクステンダーを専用のギガビットイーサネットスイッチにCATx、マルチモードファイバ、またはシングルモードファイバケーブルで接続します。

CATxモデルの場合は、適切なRJ45プラグが付いたCATxケーブルをRJ45ソケットに接続します。
ケーブル仕様については付録Fを参照してください。
プラグが正しく固定されていることを確認して、故障を防止してください。
CATxケーブルを取り外すには、ラッチを押し下げてケーブルをゆっくり引き出します。

標準DVIファイバモデルには、マルチモードSFPモジュールが装備されています。
別のSFPモジュールを使用する場合は、SFPモジュールから黒いダストプロテクターを取り外し、モジュールの金属製ラッチを直角になるまで前方に引いてから、SFPモジュールを取り外します。
逆の手順を繰り返して、新しいSFPモジュールを接続します。
ファイバーケーブルを接続するときは、ダストプロテクターが取り外されていることを確認し、ラッチが所定の位置に収まるまでファイバーケーブルを挿入します。
ファイバケーブルを取り外すには、ラッチを押してケーブルをゆっくりと取り外します。

ギガビットイーサネットスイッチに接続されている各トランスミッター エクステンダーまたはレシーバーReceiver Extenderに電源が供給されると、ソフトウェアマネージャでその名前を割り当てて、後で簡単に識別できるようにします。
このようにして、すべてのコンピュータ、モニタ、USB、およびサウンドデバイスを、KVMマトリックスの一部となる送信機エクステンダとレシーバエクステンダに接続します。
次に、Transmitter ExtenderとReceiver Extenderをイーサネットスイッチに接続します。 下の図のように表示されます。



すべてのトランスミッタエクステンダとレシーバエクステンダの接続

スイッチングネットワークシステム全体が独自の専用ネットワークを必要とすることに注意することが重要です。
エクステンダーを非Xcionトラフィックの既存の会社ネット;¥ワークに接続することはサポートされていません。
ネットワークスイッチは1ギガビットスイッチでなければならず、1ポートあたりのポート転送速度は1ギガビット/秒です。


 性能比較表

関数 Xcion Xcion+
DVI-D Yes Yes
DVI-I (VGA) Yes (option) Yes (included)
HDMI Yes No
USB-HID Yes Yes
USB2.0 (low speed) Yes Yes
USB2.0 (64Mbps) Yes (option) Yes (included)
Analog Audio In/Out Yes (option) Yes (included)
RS-232 Serial Yes (option) Yes (included)
Switch Mode (Gigabit) Yes (option) Yes (included)
Point-to-Point Yes Yes
Switchable Yes Yes
Max Nodes 48 480
Xcion Manager SW Yes (option) Yes ($100 per user)
OSD Yes Yes
CATx Yes Yes
Fiber (MM and SM) Yes Yes



 仕様

物理仕様(全モデル)
寸法 (W x D x H) 98 mm x 106 mm x 41 mm
ラックマウント 19インチ1Uラックに最大4台のトランスミッタエクステンダまたはレシーバエクステンダ
重量 540 g
ビデオ
最大解像度(全モデル) 1080p, 1920 x 1200 @ 60Hz
入力および出力形式 DVI / VGA
出力フォーマット DVI
EDID サポート(全モデル) 6内部EDIDセット、またはリモートディスプレイEDID
ケーブル
CATx ソリッドコア, CATx5e/6/7. EIA/TIA568-A, 24AWG以上r. シールドを使用するか、STPを使用する
ポイントツーポイントの最大距離: 150 m
最大距離、スイッチする各エクステンダ: 100 mDVI
ファイバー デュプレックスマルチモード, 50/125μ, LC-type
最大距離: 500 m
オプションのシングルモード LC, ギガバイト LWL
最大距離:20km
構成 レシーバーエクステンダーユニットからアクセスされたOSD
LED 1 x 電力 / フロントパネル ステータス LED:
赤 = リンク無し, オレンジ = ビデオ無し, 緑 = ビデオ、USB
オーディオ CD品質のアナログステレオ伝送
解決: 16 bit, 44.1 kHz
ライン入力 / ライン出力
独立して調節可能なレシーバーエクステンダーのマイク入力とステレオ出力ゲイン
シリアル RS-232 シリアル
230400 ボード 最大転送レート
5つのパリティオプション、1または2ストップビット
6-ピン RJ12 コネクター
送信 DTR, DSR, RTS, TD, RD
環境
動作温度 0°C to 60°C
保管温度 -25°C to 80°C
相対温度 0% to 80% 相対、非凝縮
電源 100-240VAC,50/60Hz / 12VDC, 1A
承認 FCC Class A, UL, CE, RoHS 2