KVMスイッチ
 
 リバースKVMスイッチ
 

 
 外部制御機器
 
 コンバーター
 
 専用ケーブル、アダプター、ラック搭載用キット
 
 KVMエクステンダー    AV製品

4/8/12/16ポート シリアル・リモートコントロールパネル "RCP"
シリアルケーブルを使用してKVMスイッチの任意のポートの遠隔切り替え
当社のKVMスイッチServeViewPro、UltraViewPro、MultiVideoで使用可能
RJ11データケーブルを使ってRS232ポートに直接接続します
テレビ局、プレゼンテーション、コンピュータトレーニング等で応用
典型的応用例:複数のコンピュータ出力画像を1台のモニターにシリアルで切替え
英文カタログ ⇒
英文簡易マニュアル ⇒
応用事例 ⇒ | 応用例1 | 応用例2 | 応用例3 | 応用例4 |


[シリアル操作による切り替えのコマンド]
当社KVMスイッチ(Ultramatrix、UltraViewPro、ServeViewPro、等々)のRS232Cシリアルポート経由でコンピュータの切り替えを行なう事が出来ます。
KVMスイッチにシリアルケーブルを接続し、ハイパーターミナルのようなコミュニケーション・プログラムを起動します。
KVMスイッチへのコマンド入力は、KnnnCxxxS [Enter]となります。
KはKVMステーション(ユーザーが使用するキーボード・モニター・マウス)、CはCPU(コンピュータ)、SはKVMスイッチを意味します。
また、「nnn」はKVMスイッチ番号(1-16)、「xxx」はコンピュータ番号(1-1000)です。
例えば、KVMコンソール(キーボード、マウス、モニター)を4番KVMスイッチの10番コンピュータに切り替えたい場合には、コマンドを K4C10S [Enter] と入力します。
KVMコンソール(キーボード、マウス、モニター)は、4番KVMスイッチに接続され、10番コンピュータに切り替えられます。
切替後の画面上にK4C10Rxと表示されますが、xは下記のステータスを意味します。

1=View(参照)
2=Share(共有)
3=Control(制御)
4=Private(独占)

 製品情報

製品名 型番 説明 19ラックキット
ラック搭載型押しボタン式シリアルリモートコントロールパネル(RCP):
4-port Model RCP-4RS/SW 1Uラック搭載型、1シリアルポート、4ポート切替え用Remote Control Panel RM-UL19
8-port Model RCP-8RS/SW 1Uラック搭載型、1シリアルポート、8ポート切替え用Remote Control Panel
12-port Model RCP-12RS/SW 1Uラック搭載型、1シリアルポート、12ポート切替え用Remote Control Panel
16-port Model RCP-16RS/SW 1Uラック搭載型、1シリアルポート、16ポート切替え用Remote Control Panel
オプション:
シリアルアダプタ
ケーブルキット
KIT-ATRX RJ11⇔DB9(メス)シリアルアダプタ(ACC-ATRX)及び シリアルケーブルCAB-04RJ005 (1.5m) ⇒ 詳細 -
シリアルアダプタ ACC-ATRX RJ11⇔DB9(メス)シリアルアダプタ ⇒ 詳細 -
シリアルケーブル CAB-04RJxxx RJ11シリアルケーブル(ストレートタイプ)
(xxx:ケーブル長) ⇒ 詳細
-

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。

お見積りフォームへ


特徴:

簡単な押しボタン方式の切り替え操作
標準RJ11シリアルケーブルを使用。延長も可能。
4ポート、8ポート、12ポート、16ポートの4モデル用意。KVMスイッチのポート数にあわせてご使用下さい。
当社KVMスイッチのRS232ポートに直接接続して使用。
筐体にはDB9(オス)、RS232通信ポート
特別な設定作業は一切無し。RJ11ケーブルと電源ケーブルを接続するだけですぐご使用出来ます。
押しボタンの中心にLEDランプが点灯し、どのCPUポートが選択されたかを示します。
Remote Control Panelの長所:

Remote Control Panelは、簡単で手軽な押しボタン操作で4台、8台、12台、あるいは16台のコンピュータを切り替える事が出来ます。
たとえば、Remote Control Panelのボタン番号4を押すと直ちにKVMスイッチ側のポートのコンピュータに切り替わります。
Remote Control Panelは、複数台数のコンピュータからのビデオ出力画像を1台の共通のモニターに映し出すような応用例では非常に理想的な切り替え手段です。
テレビ局、プレゼンテーション、各種トレーニング教室、等々で複数のコンピュータとKVMスイッチを使用する環境でご利用できます。

 一般的な用途

モデル
Remote Control Panelには次の4モデルあります:
16チャネル:16台のコンピュータに接続
12チャネル:12台のコンピュータに接続
8チャネル:8台のコンピュータに接続
4チャネル:4台のコンピュータに接続

ケーブル
Remote Control PanelをKVMスイッチのRS232ポートに、シリアルケーブルで接続します。Remote Control Panelの背面にDB9(オス)ポートがあり、そこにDB9(メス)- RJ11のシリアルケーブルを差し、KVMスイッチに接続します。1.5m以上の距離対応する延長用ケーブルもご用意しています。

設置
Remote Control Panelは設置がとても簡単です。シリアルアダプターケーブルの片方をRemote Control Panelの背面のDB9ポートに、他方をKVMスイッチのRS232ポートに接続するだけです。

操作
押しボタン方式の操作です。たとえば、KVMスイッチのポート5に切り替えたい時はRemote Control Panelのボタン5を押します。そうすると、5番のコンピュータの出力画像が共通に使用するモニターに映し出されます。

パーツ番号
モデル:
RCP-16RS:  16スイッチモデル
RCP-12RS:  12スイッチモデル
RCP-8RS:  8スイッチモデル
RCP-4RS:  4スイッチモデル
ACC-ATRX:  RJ11⇔DB9(メス)シリアルアダプタ
CAB-04RJxx:  延長RJ11シリアルケーブル(xx:フィート単位距離)
KIT-ATRX:  ACC-ATRX & シリアルCAB-04RJ005 (1.5m)
RM-UL19:  19インチラック搭載キット

仕様
寸法:33.53(W) x 11.43(D) x 4.44(H)cm
重量
   4/8ポートモデル:1.8Kg
   12/16ポートモデル:3.6Kg
電源:110VAC
消費電力:36W
コネクター
   RS232:DB9(オス)
   電源:DIN5表示器
   CPU選択LED
筐体:電気亜鉛メッキスチール製(黒粉コーティング)
環境条件:0~45℃、相対湿度5~80%、結露なし