KVMスイッチ
 
 リバースKVMスイッチ
 

 
 外部制御機器
 
 コンバーター
 
 専用ケーブル、アダプター、ラック搭載用キット
 
 KVMエクステンダー    AV製品

多機能デジタルKVMマトリックススイッチ "Orion X"
48、80、160、288、または576ポートのモジュラーシャーシ
コンピューターとKVMステーションをCATxケーブルで140m、ファイバーで10Kmまで延長
CATx、ファイバー、またはSDIインターフェイスを備えた8ポートI / Oカード
各スイッチポートは入力または出力にできます
スイッチポートは、2、4、6、または21カードのモジュラーシャーシとして提供されるトランス
 ミッターまたはレシーバーに接続します
ビデオは、VGA、DVI、デュアルリンクDVI、HDMI、DisplayPort、またはSDIにすることができ
 ます
1920×1200までの標準ビデオ解像度、4096×2160 @ 60HzまでのUHD 4Kビデオ解像度
遅延やディスプレイブランキングなしで同じ解像度のビデオソースを即座に切り替えます
USB-HIDの切り替えを標準装備
PS / 2キーボードマウス、USB2.0、USB3.0、アナログまたはデジタルオーディオ、シリアル
 RS232、冗長リンクのオプションの切り替えを選択
オンスクリーンディスプレイ、シリアル、WebベースのGUI、SNMP、またはホットキーコマン
 ドによるアクセス
Matrix Grid機能を使用してスイッチを相互接続できます
冗長電源 オプション


 製品情報

モデル名 説明
ORS-X48 Orion X-48 48ポートスイッチフレーム、コントロールボード付き、1電源、I / Oカードなし
ORS-X80 Orion X-80 80ポートスイッチフレーム(コントロールボード付き)、1電源、I / Oカードなし
ORS-X160 Orion X-160 160ポートスイッチフレーム(コントロールボード付き)、2電源、I / Oカードなし
ORS-X288 Orion X-288 288ポートスイッチフレーム(コントロールボード付き)、2電源、I / Oカードなし
 Orion X用に使用するトランスミッターユニット:  Orion Xtenderトランスミッターユニットの説明価格ページ
 Orion X用に使用するレシーバーユニット:  Orion Xtenderレシーバーユニットの説明価格ページ

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。




 概要

Orion Xシリーズは、多くの汎用機能を備えた洗練されたスイッチングシステムです。
これは、3つのコンポーネントで構成されるシステムです。
ビデオまたはコンピューターソースの送信機、中央スイッチ、およびユーザーステーションの受信機。

Orionスイッチシャーシは、8ポートI / Oカードを受け入れることによりスケーラブルです。
カードとトランスミッターまたはレシーバーは、CATxまたはファイバーインターフェイスのいずれかで使用できます。
スイッチの各ポートは、送信機または受信機が接続されているかどうかに応じて、入力ポートまたは出力ポートになるように自動的に構成されます。
これにより、入力ポートまたは出力ポートの数を事前に決定する必要がなく、ポートの総数のみを決定するため、システム計画が簡素化されます。

送信機または受信機の距離は次のとおりです。
シングルモードファイバーケーブルを使用して最大10Km
マルチモードファイバーケーブルを使用して最大400m
CATxケーブルを使用して最大140m

この製品は、60Hzで1920 x 1200の標準ビデオ解像度と、高解像度1080pを含むすべてのDVIシングルリンク解像度をサポートしています。
4096 x 2160で最大4Kの超高解像度ビデオがサポートされます。
同じ解像度で実行されているビデオソースは、遅延やブランキングなしで即座に切り替えることができるため、コマンドセンター、放送アプリケーション、金融機関などに最適です。
レシーバーには、接続されたUSBキーボードとマウスを介して各ユーザーステーションで簡単に使用および構成できる直感的なOSDが含まれています。

オプションで利用可能な他の機能は次のとおりです。
VGA入出力(ビデオスケーリングあり)
デュアルリンクDVI入出力
デュアルヘッドDVI入出力
SD / HD / 3G-SDI入力(I / O)
HDMI 4K/60 input/output
トランスペアレントUSB 2.0
RS232 / RS422シリアルインターフェース
アナログまたはデジタルオーディオ
冗長電源
ラックマウントキット(19インチ)

ソフトウェアユーティリティは、製品の機能を強化するために開発されました。
利用可能なユーティリティは次のとおりです。
1. JAVAツール、拡張スイッチングおよびプリセット
2.#1および追加のAPI
3.ユニット監視用のSNMPおよびSyslog
4.カスケード/スタッキング
5. Multi-Screen Control

 特徴

KVMステーションとコンピューターを延伸
 - シングルモードの光ファイバーケーブルで10kmまで使用可能
 - マルチモードの光ファイバーケーブルで400mまで使用可能
 - CATxのケーブルで140mまで使用可能
4K@60Hzまでの解像度をサポート、HD1080Pの解像度を含む全てのDVIのシングルリンクの解像度をサポート
各ユーザーステーションが簡単に使用して設定するための直感的なOSD
入力信号はCATxもしくは光ファイバーを経由、出力信号はCATxもしくは光ファイバーを経由。
 トランスミッターとレシーバーのエクステンダーの設定次第でケーブルの種類を混ぜることが可能です。
OrionXシリーズのモデルの各ポートは接続されたエクステンダーの種類で自動的に入力か出力かを設定します。
 もしトランスミッターが接続されれば、そのポートは入力ポートになります。
 もしレシーバーが接続されれば、そのポートは出力ポートになります。
スケーラブルな筐体はシステムの変化にあわせてI/Oカードを追加することが可能です。(8ポートの増加でカードが追加されます)
遅延やディスプレイのブランク無しに即座に同じ解像度のビデオソースにスイッチします。
利用可能オプション
 -DVIあるいはVGAの入力
 -トランスペアレントUSB2.0
 -シリアル
 -アナログもしくはデジタルオーディオ
 -冗長化のPSU
ラックマウント可能(9U)

 長所

OrionXシリーズは新しく独創的な点が特徴な多目的でパワフルな製品です。
同じ解像度で稼動するビデオソースは遅延もしくはブランクの発生をすることがなくスイッチが可能で、司令室、放送施設、金融機関等の多くの現場での使用が理想的です。
OrionXシリーズのモデルは48から288のI/Oポートまで対応しています。
これらのポートの独創的な点は各々の入力ポート、出力ポートを認識が可能です。
これらのI/Oポートはトランスミッターもしくはレシーバーユニットが接続される際に入力か出力かを自動設定します。
この特徴はシステムにマッチするユニットをセットアップする際に非常に便利です。
もし10人のユーザーで100台のPCのシステムの場合、100の入力と10の出力の環境をセットアップします。
さまざまなシステムの設定で入力が出力に追加され、ポートの数が合計より等しいもしくは少ない場合でも対応は可能です。
多くのシステムで各Catxのコネクターあるいは光ファイバーのコネクターは設定され、そして両方の入力と出力は適合されなければなりません。
OrionXシリーズではケーブルの種類を混ぜて使用することが可能です。
もし8Km離れたPCのシステムを構築する場合、シングルモードの光ファイバーのケーブルを経由したユニットを接続することが可能です。
そのユーザーステーションは6m離れていても、産業用の標準的なCATxケーブルを使用することで驚くほど、取り付けの費用を抑えることが可能です。
トランスミッターとレシーバはメインのカードと7種類のオプションのカードで構成されています。

 一般的な用途
48、80、160、288、または576ポートのモジュラーシャーシ
コンピューターとKVMステーションをCATxケーブルで140m、ファイバーで10Kmまで延長
CATx、ファイバー、またはSDIインターフェイスを備えた8ポートI / Oカード
各スイッチポートは入力または出力にできます
スイッチポートは、2、4、6、または21カードのモジュラーシャーシとして提供されるトランスミッターまたはレシーバーに接続します
ビデオは、VGA、DVI、デュアルリンクDVI、HDMI、DisplayPort、またはSDIにすることができます
1920×1200までの標準ビデオ解像度、4096×2160 @ 60HzまでのUHD 4Kビデオ解像度
遅延やディスプレイブランキングなしで同じ解像度のビデオソースを即座に切り替えます
USB-HIDの切り替えを標準装備
PS / 2キーボードマウス、USB2.0、USB3.0、アナログまたはデジタルオーディオ、シリアル
 RS232、冗長リンクのオプションの切り替えを選択
オンスクリーンディスプレイ、シリアル、WebベースのGUI、SNMP、またはホットキーコマ
 ンドによるアクセス
Matrix Grid機能を使用してスイッチを相互接続できます
冗長電源 オプション

 仕様
寸法
(W x D x H)
X576: 17.7" x 17.12" x 43.6" (450 x 435 x 1108 mm) (25U)
X288: 19" x 13" x 22.75" (483 x 330 x 578 mm) (13U)
X160: 19" x 13" x 15.75" (483 x 330 x 400 mm) (9U)
X80: 19" x 9.1" x 7" (483 x 230 x 178 mm) (4U)
X48: 19" x 9.1" x 5.25" (483 x 230 x 133 mm) (3U)
重量 X576: 81.1 kg
X288: 34.6 kg
X160: 26.3 kg
X80: 11 kg
X48: 8.9 kg
電源 90-240 VAC 50-60 Hz
Optional redundant PSU
X576: 635W
X288: 202W
X160: 188W
X80: 99W
X48: 94W
I/O board: 13W
解像度 DVI single-link video: 1920 x 1200/2048 x 1152
DVI dual-link video: 2560 x 2048, 4096 x 2160, 3840 x 2160
Full color depth, 24-bit (4:4:4)
VGA video: 1920 x 1200
HDMI video: 1080p, 1920 x 1200, 3840 x 2160
DisplayPort video: 1920 x 1200, 2560 x 2048, 3840 x 2160
SDI: per SMPTE spec up to 3G
距離 CATx: 460' (140m)
Multi-mode fiber: (62.5μ): 650' (200m)
Multi-mode fiber: (50μ): 1,300' (400m)
Multi-mode fiber: (50μ) OM3: 3,300' (1Km)
Single-mode fiber: (9μ): 33,000' (10Km)
コネクター Transmitters/receivers: Dual LC fiber or CATx
SD/HD/3G-SDI:Mini coax replaces fiber SFP
Ethernet control port: RJ45 jack
RS232 control port: RJ45 jack
Power: IEC-320 receptacle
制御 On-screen display (at each KVM station)
Web, FTP, Telnet, SMTP, Serial, IR
Ethernet control port: RJ45 jack
環境 動作温度: 5°C ~ 45°C
保管温度: -25°C ~ 60°C
相対湿度: 0% ~ 80%, non-condensing