マルチディスプレイ・プロセッサー
 
 MediaWall製品
 
 マルチウィンドウ・プロセッサー

MediaWall V
新製品のメディアウォールVは世界初のtrue 4K/UHDのビデオウォールプロセッサーで、4K解像度での入出力、単線接続とスケーラブルなウインドウを供給します。
メディアウォールV、ディスプレイプロセッサーの構造の特徴はリアルタイムでの処理とアプリケーションを実行するために分割したプロセッサーの柔軟性においてハードウェアベースのプロセッサーの信頼性を組み合わせます。
IPレコーディングのビデオに加えて、セキュリティーと直感的な操作に優れ、インターフェースをコントロールする操作も容易です。
その結果、他の追随を許さない、パワフルで、セキュリティー、多様性に優れた4Kウォールプロセッサーをご案内します。
真のビデオウォールはモニターのウォール以上の性能です。
グラフィックとビデオ画像を表示するため、モニターのベゼルも含まれたウォールはどこでも配置が可能でシームレスでウインドウに十分にスケーラブルで同期して連続してマルチスクリーンの表面に表示されます。
メディアウォール Vのプロセッサーは、2K/HDあるいは4K/UHDのディスプレイデバイスのウォール配置でHDソースを4Kの超高解像度のビデオとグラフィックを同時に表皮することが可能です。
4K/UHDビデオウォールは劇的に高密度の高いピクセル解像度で型にはまった同じサイズのHD画質のビデオウォールより4xまでのトータルの解像度を供給します。
メディアウォール Vのプロセッサーの4Kの能力はデータの表示と以前より場面ごとに気がつく点や、査定やレスポンスをより詳細に視認することを可能にします。
 



 製品詳細

 製品名  製品型番 説明
 MWV-500  MWV-500 入力:18、表示:32
 MWV-550  MWV-550 入力:36、表示:64


製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。

お見積りフォームへ


ハイパフォーマンスのビデオプロセッシング

メディアウォール Vのプロセッサーはマルチスクリーンのアレイのウインドウのレイアウトの設定を表示することが可能です。
ウインドウズを任意の場所でサイズ調整、画像の境界内あるいは、アスペクトの比率とデティールを強調するためのズームを可能にします。
信号のスイッチングとプリセットのレイアウトのリコールは高速でシームレスです。
構成の構築の目的は各入力にプロセッシングのリソースを専念させます。
各々のポートはフルカラーのリアルタイム、フレームとピクセルレート、共通のビデオウォールの構造物のフレーム落ちや画像の欠損なしに表示されます。
その結果、優れたパフォーマンスと高まる視覚的な経験になります。
メディアウォールVのアプリケーションのプロセッサーはWindowsのアプリケーションと同様にデコーディングとIPカメラの表示と他のH.264のストリームをサポートします。
ハイブリッドの構造で、2つの分割したプロセッシングのサブシステムにおいて、アプリケーションの処理からビデオウォールの処理の機能をアイソレートして、セカンドのプロセッサーはマルウェアやソフトウェアの失敗のような問題でさえも連続した操作をするためにウォールを表示することを可能にします。
HDCPの能力はコンテンツを保護し、Blu-rayプレイヤーの出力や、ビデオウォールを表示することを可能にします。


メディアウォールの構成
メディアウォール、プロセッサーは4KまでのPC、カメラそしてHDMIの単線のインターフェース経由でのほかのソースやイーサネット経由のIPストリームからのビデオを直接受け入れます。
ビデオウォールへのビデオ処理の出力もまた4K解像度までのHDMIの単線のインターフェース越しです。
予備のビデオ出力ポートは追加のディスプレイとオーディオのプロセッサーのためにビデオのスイッチをサポートします。コントロールはイーサネット経由です。




コントロールオプション
メディアウォール Vのプロセッサーはコントロールのオプションの範囲で供給されます。
WebベースでセットアップされたGUIはローカルとリモートのアクセスで双方をサポートし、"ドラッグアンドドロップ"の操作でウインドウの配置とスケーリング、ウォールのレイアウトのプリセット、入力の選択をサポートします。
さらに、新しく紹介されたVIEWのコントローラがライブのサムネイルでグラフィカルなユーザーインターフェースを高め、非常にユーザーインターフェースに優れた操作を供給します。
プロセッサーはまたさまざまなサードパーティーのデバイスによって管理されています。
最も需要のあるアプリケーションのために、メディアウォールプロセッサーのVはRGB Spectrum社のマルチポイントコントロールルームマネジメントシステム(Enterprise MCMS)と互換性があります。
イノベーティブなハードウェアとソフトウェアのプラットホームはシステムのリソース越しに恣意的なキーボードとマウスのコントロールでオペレーターをサポートします。
Enterprise MCMSは管理室、ブリーフィングセンター、セキュリティーのオペレーションセンター(SOCs)、非常事態のオペレーションセンター(EOCs)産業のプロセスのコントロールとSCADAのシステムの監視などのようなミッションクリティカルのコントロールルームのアプリケーションの使用において非常に理想的です。
システムのユニークなデザインはネットワークから、効果的に保護される敏感なデータや外部のいたずら、マルウェアとウイルスからクリティカルなシステムからアイソレートさせます。



コントロールルームでのパワフルな能力

メディアウォールVのプロセッサーは予備のモニターにビデオウォールを追加するあるいは複数のビデオウォール、非常に洗練されたオーディオビジュアルの環境のために最適な能力があります。
プロジェクターが使用されているとき、プロセッサーは没入型を可能にするためにエッジブレンドで近接できるオーバーラップを提供、シームレスはUHDは部屋全体のスパンで表示をし、美術館、劇場、講堂、そして他のストリートの範囲においてとても理想的です。
ビデオウォールプロセッサーは決して有能ではありませんが、4K/UHDの解像度は十分にサポートされていて、メディアウォールVのプロセッサーはシミュレーション&トレーニング、モデリング、そして高い解像度でのビデオ監視のような豊富なグラフィックのアプリケーションにおいて、非常に理想的です。

 技術仕様

 技術仕様 MWV-500 MWV-550
 入力
  18 36
 解像度 640x480 @ 85Hz to UHD 3840x2160 @ 30Hz & 4096x2160 @ 24Hz 640x480 @ 85Hz to UHD 3840x2160 @ 30Hz & 4096x2160 @ 24Hz
 コネクタータイプ HDMI 1.4b HDMI 1.4b
 クロックレート 最大 330MHz 最大 330MHz
 色合 24 bit 24 bit
 出力
  12 @ HD/2K, +2 予備出力 6 @ 4K, +2 予備出力 24 @ HD/2K, +4 予備出力 12@ 4K, +4 予備出力
 解像度 Up to 3840x2160 (4K, Ultra HD, UHD) @ 30Hz & 4096x2160 @ 24Hz Up to 3840x2160 (4K, Ultra HD, UHD) @ 30Hz & 4096x2160 @ 24Hz
 コネクタータイプ HDMI 1.4b HDMI 1.4b
 ディスプレイウインドウ
  32 64
 ラベル
 ラベル毎文字数 最大 64 最大 64
 フォントスタイル 50 50
 インターナショナルフォント Yes Yes
 ボーダーカラー深度 24 bit 24 bit
 ケーブルマネジメント 引張強度 引張強度
 寸法(h x w x d) 133 x 483 x 584 mm 267 x 483 x 584 mm
 重量 18 kg 37 kg
 電源 ホットプラグ 850W, 100 - 240 VAC オートレンジ 50/60 Hz ホットプラグ 850W, 100 - 240 VAC オートレンジ 50/60 Hz
 動作環境
 操作温度 5 ~ +40℃ 5 ~ +40℃
 保存温度 -20 ~ +70℃ -20 ~ +70℃
 操作湿度 5% ~ 90% 5% ~ 90%
 高度 最大 4000m 40℃ 最大 4000m 40℃
 コントロール
イーサネット 10/100/1000 Base-T、RS-232
コマンドライン and グラフィカルユーザーインターフェース
 オーディオ
予備(AUX) HDMI 1.4b 出力(embedded) & アプリケーションプロセッサー(AP) オプション(アナログ, 3.5mm ミニジャック)