マルチディスプレイ・プロセッサー
 
 MediaWall製品
 
 マルチウィンドウ・プロセッサー

MediaWall 4200/4500
  Real Time Display Wall Processor

特徴:
リアルタイム表示、コマ落ち無し
24時間・7日連続稼働にも耐えうる堅牢さ
最大12出力スクリーン表示
最大30グラフ及びビデオ出力ウインドウ表示
DVI入力ケーブルイコライゼーション
500mAのピン電力を持つDVI出力
Webブラウザでの制御
組み込みOS使用
背景画像はダウンロード可能
ウインドウのボーダー(枠線)とタイトル(題名)の設定が可能
ベゼル補正
画像の重ね合わせが可能
Plug & Play
スムーズな拡張、ズーム、パン操作が可能
HDD不使用
KvMオプションを用意
エッジブレンヂングオプションを用意

MediaWallプロセッサーは複数台のプロジェクターやフラットパネル、あるいはキューブを使用するリアルタイムビデオ・データ表示の為のウォールシステムです。
他社のディスプレイウォールプロセッサと異なり、当社MediaWall4500及び4200は、PCよりも優れた高性能システム設計がなされており、表示の柔軟性に優れ、堅牢で安全な設計となっています。
すべての入力信号に対して、どのような条件下でも、フレーム落ちが全く無くリアルタイム表示が保証されています。
MediaWall 4500プロセッサは、最大3X4の配列に12個のスクリーンを構成し、その上に最大30のグラフィックス画像とビデオ動画を同時表示出来ます。
また、MediaWall 4200は、最大2X4の配列に8個のスクリーンを構成し、その上に最大12のグラフィックス画像とビデオ動画を同時表示出来ます。
どの画像も任意の位置に任意のサイズで表示出来ます。
また、正しいアスペクトレシオ、伸長したサイズ、また、画像全体表示は勿論のこと、部分を強調する為にズームした状態でも表示可能です。
MediaWallプロセッサは、文字通り表示方法においては無数の方法があります。
マルチスクリーンで構成される大きな画面は仮想的に一つの大きなスクリーンとなり、その中ではウィンドウのどのような表示も可能です。
入力方法にはRGB/DVI及びアナログビデオモジュールも含まれています。HD-SDIモジュールも近い将来には可能になります。
グラフィック信号は最大で1920x1200及び2048x1152ピクセルまで選択可能です。
2048x1080pまでのHD及びデジタルシネマ解像度もまたサポートされています。
コンポジット、コンポーネント及びS-ビデオも標準ビデオ入力として含まれています。
背景イメージはコンパクトフラッシュカードあるいはネットワーク経由で入れる事が出来ます。
DVI入力は全ての入力に対して組み込みのケーブルイコライゼーションの機能を持っており、外部信号延伸装置を使用せずに最大50mまでケーブルを延伸させる事が可能です。
DVI出力側では、500mAの電力がピン電力供給型デバイスに対して有効で、外部電力供給アダプタを使用する必要がありません。
MediaWallの制御はUSB、RS-232、あるいはイーサネットポート経由行えます。
Webブラウザベースの制御システムによりローカルでもリモートでも操作が可能です。グラフィックを使用し、ドラッグアンドドロップ方式でウインドウの位置決めと拡大縮小が出来ます。
MediWallは24時間・7日連続稼働の堅牢性を持っています。
装置はラック搭載型のシャーシーになっており空気フィルターと冗長化された電源ユニットは交換可能です。
一番重要な事は、MediaWallは組み込みOSを使用しており、一切ハードディスクを使っておらず、安全性と信頼性で高い評価を受けています。
MediaWallと一緒に使用するディスプレイは殆どのメーカー製のディスプレイに対応しています。
パネル(ディスプレイ)間のベゼルと重複した画像を補正して連続したスクリーンに見えるようにするエッジ・ブレンディング機能をサポートしています。
出力解像度は、最大1920x1200、2048x1152あるいは2048x1080pまでの解像度で、ディスプレイ装置の正確な解像度に調整出来ます。
スクリーンの最大配列により、ダイナミックなウインドウの拡大縮小や配置、スムーズな画像のズーミング動作、好みのボーダー(窓枠)デザインとタイトル(題名)付け、プログラム可能なプリセット機能、背景やロゴ表示等の豊富な機能を提供致します。
オプションとして、先進ウインドウ制御パネル(デジタル時計、オンスクリーンカーソル制御、マルチレベルのパスワード制御)及びKvM制御オプションが用意されています。
MediaWall 4200/4500は非常に重要なシステムやリアルタイムオペレーション現場では他のどの機種にも負けない性能を発揮します。
日本語カタログ(pdf):⇒
英文カタログ(pdf):⇒


 応用分野
コマンドセンター  コントロールルーム  通信ハブ  展示会  ネットワークオペレーションセンター、等々
Medical Sports Bar Fire Service Water Utility
Military Simulation & Training Command Control Space


 製品情報
  コントロールスクリーンはMediaWallに直接接続、またインターネットを使用しても見る事が出来ます。
インターネット使用の場合は使用するPCのOSに依存しないので便利です。

 製品型番及び詳細

 製品名  製品型番 最大タイル(スクリーン)数 ビデオ
カード数
最大
物理入力数
最大
有効入力数
最大
Window数
入出力がアナログRGB/デジタルDVIだけの場合
 MediaWall 4200シリーズ(3U筐体):
 MW42-1-6/4  CT-MW42-1-6/4 1 x 4 3 12 6 6
 MW42-1-12/4  CT-MW42-1-12/4 6 24 12 12
 MW42-2-6/8  CT-MW42-2-6/8 2 x 4 3 12 6 6
 MW42-2-12/8  CT-MW42-2-12/8 6 24 12 12
 MediaWall 4500シリーズ(7U筐体):
 MW45-1-6/4  CT-MW45-1-6/4 1 x 4 3 12 6 6
 MW45-1-12/4  CT-MW45-1-12/4 6 24 12 12
 MW45-1-18/4  CT-MW45-1-18/4 9 36 18 18
 MW45-1-24/4  CT-MW45-1-24/4 12 48 24 24
 MW45-1-30/4  CT-MW45-1-30/4 15 60 30 30
 MW45-2-6/8  CT-MW45-2-6/8 2 x 4 3 12 6 6
 MW45-2-12/8  CT-MW45-2-12/8 6 24 12 12
 MW45-2-18/8  CT-MW45-2-18/8 9 36 18 18
 MW45-2-24/8  CT-MW45-2-24/8 12 48 24 24
 MW45-2-30/8  CT-MW45-2-30/8 15 60 30 30
 MW45-3-6/12  CT-MW45-3-6/12 3 x 4 3 12 6 6
 MW45-3-12/12  CT-MW45-3-12/12 6 24 12 12
 MW45-3-18/12  CT-MW45-3-18/12 9 36 18 18
 MW45-3-24/12  CT-MW45-3-24/12 12 48 24 24
 MW45-3-30/12  CT-MW45-3-30/12 15 60 30 30
オプション製品:
 KvMオプション
 HDCPオプション
 HDCP-4
 CT-HDCP-4 MediaWall4200 及び MediaWall4500シリーズ用HDCPオプションで、4出力に対応。
 HDCPオプション
 HDCP-8
 CT-HDCP-8 MediaWall4200 及び MediaWall4500シリーズ用HDCPオプションで、8出力に対応。
 HDCPオプション
 HDCP-12
 CT-HDCP-12 MediaWall4200 及び MediaWall4500シリーズ用HDCPオプションで、12出力に対応。
ビデオ入力モジュールについての説明:

MediaWall 4200/4500で使用されるビデオ入力モジュールにはアナログRGB + デジタルDVI入力の混合モジュールとアナログRGB + アナログRGBビデオ入力モジュールの2種類があります(右図ご参照)。

1枚のアナログRGB + デジタルDVI入力モジュールには4つの物理入力が可能ですが、有効入力は2入力(アナログRGB + アナログRGB、あるいはアナログRGB + デジタルDVI、あるいはデジタルDVI + デジタルDVIのいずれか)になります。

アナログRGBビデオ入力モジュールについては、物理入力、有効入力共に2つです。

上記型番で説明されている「有効入力xx」とは、
(1) アナログRGB/デジタルDVI入力モジュールのみの有効入力数、あいは
(2) アナログRGBビデオ入力モジュールのみの有効入力数、あるいは
(3) 両方の入力モジュールの合計有効入力数をお客様のニーズに応じて選択できます。

有効入力数が同じであれば価格も同じです。

 

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。

お見積りフォームへ



 MediaWall 4200/4500製品技術仕様

 技術仕様 MediaWall 4200 MediaWall 4500
 RGB/DVI入力モジュール
- RGBアナログ(Interlaced & Progressive)
 タイプ/ポート数 2 x analog RGB / YPbPr /HD
 ビデオレベル 1.0V p-p for G and Y composite, 0.7V p-p for RB and PbPr
 入力インピーダンス 75 Ohm
 サンプルレート 最大165MHz
 水平スキャンレート 12kHz ~ 125kHz
 フレームレート 最大200Hz
 解像度 640 x 480 ~ 1920 x 1200 pixels & 2048 x 1152, 720p, 1080i, 1080p
 Syncタイプ RGsB, RGBS, RGBHV, YPbPr (tri-level あるいは bi-level sync on Y)
 コネクタ 15ピンHD
- DVIデジタル
 ポート数 2 x DVI single link 最大1920 x 1200, 2048 x 1152 & 2048 x 1080p
 ケーブルイコライゼーション 自動あるいは手動;最大 50m
 コネクタタイプ DVI-I  (但し、DVIデジタルのみ対応)
 HD/3G-SDI入力モジュール:
 タイプ/ポート数 2x HD/ 3G SDI(各モジュール)
 インターフェイス標準 SMPTE 292M & 424M
 最大クロックレート 1.5Gb/s及び3Gb/s 最大リンク速度
 解像度 1280x720P/60及び59.94Hz
1920x1080i/50及び50.94Hz
1920x1080PsF/24Hz
1920x1080P/23.98, 24, 25, 50, 59.94, 60Hz
 サンプリング YPbPr 4:2:2 サンプル構造
 ケーブルイコライゼーション 自動 - 3GHzクロックレートで最長120mまでサポート、1.485GHzクロックレート(Beldon 1694A)で最長200mまでサポート
 組み込みオーディオ ビデオのみで、オーディオチャネルはサポートしていません
 コネクタタイプ 75オーム BNCコネクタ(メス)
 アナログビデオ入力モジュール:
 ポート数 2 x Composite video/ S-Video /YPbPr
 ビデオレベル 1.0V p-p for G and Y composite, 0.7V p-p for RB and PbPr
 フォーマット 625 line PAL、525 line NTSC
 Syncタイプ YPbPr (tri-level あるいは bi-level sync on Y)
 入力インピーダンス 75 Ohm
 コネクタタイプ BNC(メス)
 出力信号
 タイプ DVI
 ポート数 4 あるいは 8 4, 8 あるいは 12
 構成 Model 4200-1 : 1x2, 1x3, 1x4
Model 4200-2 : 2x2, 2x3, 2x4
Model 4500-1 : 1x2, 1x3, 1x4
Model 4500-2 : 2x2, 2x3, 2x4
Model 4500-3 : 3x4
 解像度 640 x 480 ~ 1920 x 1200 pixels , 2048 x 1152 & 2048 x 1080p
 サンプルレート 35 ~ 165MHz
 ピンパワー 500mA @ 5 VDC per output
 コネクタタイプ DVI-I
その他
 電力 二重化電源供給(オプション)
100~240 VAC 自動調整
50/60 Hz
最大 325W
二重化電源供給(標準装備)
100-240 VAC 自動調整
50/60 Hz
最大 750W
 制御 Ethernet 10/100Base-T、RS-232 もしくは USB 2.0、
WebブラウザによるGUI、Telnet
 オプション Webコントロールパネル(時計・カーソル制御装置・マルチレベルパスワード制御装置)
 外形寸法 13.3(H)x55.9(D)x48.3(W)cm 31.1(H)x55.9(D)x48.3(W)cm
 ラックマウントキット 本体に付属。ラックマウントキットを本体に装着した場合の最大奥行きは61cm。
 重量 15.9Kg 32Kg


●MediaWall 4200 & MediaWall 4500正面及び背面図面