HaiVision社 Media Gateway
ライブContribution網とDistribution網のためのビデオネットワークブリッジ
Haivision Media Gatewayは、ストリーミングプロトコル間を変換して異なるネットワークをブリッジする低レイテンシビデオストリーミングワークフローを構成する要素であり、ストリームを複数の宛先に配信する柔軟性も提供します。
ハードウェアアプライアンス、仮想マシン、またはMicrosoft AzureおよびAWS Marketplaceのクラウドとして利用可能であり、Hiivision Media Gatewayは、ライブ寄稿、バックホール、リモート監視、リモートインタビュー、およびライブビデオ配信を提供します。
英文カタログ:⇒
ネットワーク経由で高品質のビデオを転送
Haivision Media GatewayはHaivision'SRT(Secure Reliable Transport)をサポートしています。
具体的には、パケットロス、輻輳、ジッター、レイテンシ、および変動する帯域幅などに直面したときにサービス品質を保証することにより、インターネットなどにおいて、予期しないネットワーク全体でのライブビデオ配信を最適化する技術である。
SRTを活用してHaivision Media Gatewayはパブリックネットワークとプライベートネットワークにおいて、高品質、低レイテンシ、そして安全なライブビデオを転送するのに理想的で、サテライトまたはカスタムネットワークのインフラに比べて大幅な運用の柔軟性とコスト削減を実現します。
IPネットワークブリッジ
Haivision Media Gatewayを使用すると、あるネットワーク環境からビデオストリームを取得し、他のネットワークにそれらを送信することができます。
Haivision Media Gatewayは、LAN、MPLS、サテライトIP、パブリックインターネット、またはこれらのネットワークの任意の組み合わせをブリッジする必要がある場合でも、高度なネットワークインターフェイス設定、ネイティブSRTプロトコルのサポート、使い勝手が良いファイアウォールトラバーサルのおかげで完璧にブリッジします。
さらに、Haivision Media Gatewayはコーデックにとらわれず、あらゆる標準MPEGストリームをサポートします。
ビデオエコシステムの互換性
Haivision Media Gatewayは、SRTとUDP(ユニキャストおよびマルチキャスト)を介したトランスポートストリーム間のストリームを変換し、HLSも出力できます。
エンドツーエンドのビデオワークフローの構成要素として、Haivision Media Gatewayは、Haivisionのエンコーダ・デコーダであるMakito Xや、Haivisionのトランスコーダー、iPhoneおよびAndroid用の高性能InStream Mobileプレーヤー、そして一般的なサードパーティの UDPストリームを使用することで、あらゆるネットワーク上であらゆるビデオワークフローを実質的に拡張することができます。
アプリケーションニーズに合わせてパッケージ化
リモートモニタリングやアフィリエイト配信などの常時接続のブロードキャストアプリケーションの場合、Haivision Media Gatewayはアプライアンス、VM、クラウドライセンスとして利用できます。
Haivision MediaGatewayは、イベント、リモートブロードキャスト、ライブインタビューなどの臨時またはスケジュールされた使用の場合、AWS Marketplaceで有料サービスとして、またMicrosoft AzureでBYOL(独自のライセンスを提供)として利用できます。
エンタープライズビデオエクスペリエンスの拡張
Haivision のエンタープライズビデオプラットフォームと途切れなく統合され、Haivision Media Gatewayは、社内のブロードキャスト、全員参加の会議、オンデマンドビデオライブラリを遠隔地に広げ、数千人の従業員にビデオ配信を拡張する安全なエンタープライズコンテンツ配信ネットワーク(eCDN)を構築します。
特徴
低エンドツーエンドの待ち時間
AES 256ビット暗号化
Integrated with Haivision’s Product Portfolio
利点
遠隔地間のライブインタラクションを容易にする
プライベートコンテンツの不正な閲覧、記録、再配布を防止する
Complete end-to-end solution


 Media Gateway 製品詳細
製品名 説明 型番
Haivision Media Gateway System ユニキャスト・マルチキャスト両方サポート。出力ストリームは合計で最大100Mbps
コンパクト筐体のアプライアンス(デスクトップあるいは棚置き型)
S-MG-100
ユニキャスト・マルチキャスト両方サポート。出力ストリームは合計で最大200Mbps。
コンパクト筐体のアプライアンス(デスクトップあるいは棚置き型)
S-MG-200
ユニキャスト・マルチキャスト両方サポート。出力ストリームは合計で最大500Mbps。
コンパクト筐体のアプライアンス(デスクトップあるいは棚置き型)
S-MG-500
Haivision Media Gateway VM ユニキャスト・マルチキャスト両方サポート。出力ストリームは合計で最大100Mbps。
VMWare仮想アプライアンス(ハードウエアは含まず)
VM-MG-100
ユニキャスト・マルチキャスト両方サポート。出力ストリームは合計で最大200Mbps。
VMWare仮想アプライアンス(ハードウエアは含まず)
VM-MG-200
ユニキャスト・マルチキャスト両方サポート。出力ストリームは合計で最大500Mbps。
VMWare仮想アプライアンス(ハードウエアは含まず)
VM-MG-500

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。




 MEDIA GATEWAY 技術仕様
項目 仕様
● HAIVISION Media Gateway
 入力: MPEGトランスポートストリーム オーバー UDP
MPEGトランスポートストリーム オーバー RTP
Haivision SRTストリームs
 出力: MPEGトランスポートストリーム オーバー UDP
MPEGトランスポートストリーム オーバー RTP
Haivision SRTストリーム
Encrypted HLS with configurable segment size
 ネットワーキング: 2x RJ-45 Ethernet (10/100/1000 Base-T)
ユニキャスト・マルチキャスト両方サポート
ネットワークルーティング及びボンディング
フォワードエラー修正 (VF FEC)
128/256-bit AES Encryption

Closed Captioning (EIA-608 & EIA-708)
KLV
Time Code
 管理: Web User Interface (HTTPS)
Console UI
● HAIVISION Media Gateway System 100: 出力ストリームの能力は合計で100Mbps、コンパクトな筐体のアプライアンス
 プラットフォーム: Secure Linux-based OS (NIST 800-53 r.4)
 ネットワーク: 2 x GigE NIC
 重量・外形寸法: 1.41 kg<>br 6H x 182W x 178.2D (mm)
 電源: 外部電源供給 65W
● HAIVISION MEDIA GATEWAY SYSTEM 200: 出力ストリームの能力は合計で200Mbps、1Uのサーバープラットフォーム
 プラットフォーム: Secure Linux-based OS (NIST 800-53 r.4)
 ネットワーク: 2 x GigE NIC
 重量・外形寸法: 8.058 kg<>br 42.4(H) x 434(W) x 394.3(D)mm
 電源: 単一電源 250W
● HAIVISION MEDIA GATEWAY SYSTEM 500: 出力ストリームの能力は合計で500Mbps、1Uのサーバープラットフォーム
 プラットフォーム: Secure Linux-based OS (NIST 800-53 r.4)
 ネットワーク: 4 x GigE NIC
 重量・外形寸法: 19.9 kg
42.8H x 434W x 607D (mm)
 電源: 2重化電源 550W