Pix4D ドローンマッピングソフト
 
 Sentera マルチスペクトラルセンサー / 農業分析アプリ
 
 Micasense マルチスペクトラルセンサー
 
 HG ROBOTICS ドローン
 
 WingtraOne VTOLドローン
 
 Parrot ドローン / マルチスペクトラルセンサー
 
 大気汚染(大気質)マッピングシステム
 
 セミナー / 講習会 / ワークショップ のご案内
 
マルチスペクトラルカメラ搭載 WingtraOneアグリドローン

 
  マルチスペクトラルカメラRedEdge-MXあるいはAltum搭載 WingtraOne アグリドローン
WingtraOneアグリドローンはMicaSense社のマルチスペクトラルカメラRedEdge-MXあるいはALTUMを搭載したドローンです。MicaSense社のマルチスペクトラルカメラで撮影した画像はPix4DmapperあるいはPix4Dfieldsソフトウエアで画像処理しNDVIオルソ画像を作成できます。Wingtra社はMicasense社のみならずPix4D社とも業務提携しており、WingtraOneの機体、Micasense社のマルチスペクトラルカメラ、最適なオーバーラップと飛行ルートを決定し自動飛行を可能にする専用のアプリWingtra Pilot、Pix4DmapperあるいはPix4Dfieldsでの画像処理と画像解析がすべて実証され且つ100%サポートされているドローンリモートセンシングソリューションです。ユーザー様におかれては安心して広域の農場、圃場で空撮を実施することが出来ます。

  製品一覧表
製品名 当社型番 説明
RedEdge-MX搭載 WingtraOne
アグリドローン
CT-WOP-REMX WingtraOne機体標準セットにMicaSense社マルチスペクトラルカメラRedEdge-MXを搭載して出荷します。DLS2センサー、反射板付属。
ALTUM搭載 WingtraOne
アグリドローン
CT-WOP-ALT WingtraOne機体標準セットにMicaSense社マルチスペクトラルカメラALTUMを搭載して出荷します。DLS2センサー、反射板付属。

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。




  農業分野で利用可能なVTOLドローン
  WingtraOneの農業分野での利用:
広大な農地、起伏があったり斜面に展開する農地や森林、離着陸に必要ななめらかな平地が少ない農地であっても、WingtraOneはこれらの困難を克服して高性能RGBカメラあるいはマルチスペクトラルカメラを搭載して中規模・大規模プロジェクトを実行できます。
WingtraOneに搭載したマルチスペクトラルカメラによる様々な空撮例


  農業分野での応用事例
  WingtraOneに搭載可能なMicaSense社マルチスペクトラルカメラのRedEdge-MXあるいはALTUMにより空撮データをクロロフィルマップ、NDVIレイヤー、DSM、あるいはRGB単波長画像に変換することが出来ます。 その結果、植物・作物の生育状況の観察や環境変化の観察に利用できます。
マップ出力:
- NDVIイメージマップ
- クロロフィルマップ
- NDRE, OSAVI, NIR, CIR
- DSM
- Weeds ?
- RGB
RedEdge-MXあるいはAltumを搭載したWingtraOneを飛行させて取得するマルチスペクトラルデータを元にゾーンマップを作成し、施肥や除草剤散布計画を立案しコスト削減と高い効率を追求出来ます。  
  農作物の被害状況の調査:
WingtraOneによる空撮データは洪水、火災、疫病、気候変動でもたらされる農作物被害状況を測定する為の情報を提供できます。