Pix4D ドローンマッピングソフト
 
 Sentera マルチスペクトラルセンサー / 農業分析アプリ
 
 Micasense マルチスペクトラルセンサー
 
 Parrot マルチスペクトラルセンサー / ドローン
 
 熱赤外線カメラ
 
 大気汚染(大気質)マッピングシステム
 
 セミナー / 講習会 / ワークショップ のご案内
 

大気汚染(大気質)マッピングシステム Sniffer4D V2
ドローンおよび地上車両用のマルチガス検出および
マッピングシステム



Sniffer4D V2は、マルチガス検出ハードウェアと強力な分析ソフトウェアで構成されています。

このシステムは測定とリアルタイムの3Dガス濃度分布を視覚化します。

Sniffer 4D V2 は、タイムリーで実用的な情報を提供することで、初動対応者、石油・ガス業界、環境機関、研究者の作業効率の向上、リスクの軽減、コストの削減を支援します。



  代表的なアプリケーション

エリアをすばやくスキャンし、3Dでその局所的な大気汚染分布を取得します。
この結果を使用して、疑わしい一過性の放出源の正確な場所を突き止めたり、大気汚染の輸送方法を理解したりできます。
 
緊急事態が発生した場合、チームの健康と安全を危険にさらす前に、Sniffer4Dを現場に飛ばして、有毒ガスの種類と拡散をすばやく特定し、安全範囲を定義します。
 

石油およびガスプラント内の特定のガスの分布情報を効率的に収集します。
この情報を使用して、疑わしいリークスポットを特定し、有害物質の拡散を特定します。
 
Sniffer4D V2を船のプルームに飛行させると、組み込みの反転アルゴリズムを使用して、船の燃料硫黄含有量(FSC)を自動的に推定できます。



  ワンストップワークフロー   データ収集から結果配信まで
 
1.一度に最大9つのガスを検知

Sniffer4D V2は、一度に最大9つのガス濃度分布を取得できます。
ユーザーは、アプリケーションと予算に合わせてセンサー構成を柔軟に選択または変更できます。

例:
- 大気モニタリング用のPM、O3、NO2、CO、SO2、VOC
- HAZMAT応答のVOC、CH4、CO、Cl2、O2、NO2、H2S
-HAZMAT応答のVOC、CH4、CO、Cl2、O2、NO2、H2S


  2.いつでもどこでもリアルタイムデータを表示

Sniffer4D V2の組み込みのセルラー接続と米国ベースのクラウドサーバーにより、さまざまな場所の意思決定者に無制限の範囲で安全なリアルタイムのデータ送信が可能になります。


3.高度なリアルタイム可視化

   Sniffer4D V2 Mapperソフトウェアは、1つ以上のSniffer4Dからのデータをリアルタイムで視覚化および分析し、意思決定者に直感的で洞察に満ちた情報を提供します。

4.ワンクリックで結果を配信

   ミッション後、ボタンをクリックするだけで、主要な結果を含むミッションレポート、またはすべての生データを含むCSVファイルを生成できます。
   あなたの仕事を報告することはかつてないほど簡単になりました。


  その他のソフトウェア機能
・リアルタイムのガス濃度値と時間グラフを表示します。
・Sniffer4D V2の作業ステータスを表示する
 (例:GPS衛星番号、高度)
・ソフトウェアへの通信の中断中にSniffer4Dによって収集されたデータを自動的に取得
・ドローンからのリアルタイムビデオフィードを表示する
・複数のSniffer4D V2への同時接続をサポート
・推定燃料硫黄含有量(FSC)を計算します。
・過去のミッションファイルをインポートします。
・正射写真のインポートと表示。
・ジオタグ付きの写真をインポートします。
・Sniffer4D V2を調整します。
・デモミッションを表示します。
・自動更新


  ドローンと地上車両向けに設計


Sniffer4D V2 + マルチローター

通常、プロペラのダウンウォッシュから離れて滞在するマルチコプター の上部に取り付け
 

Sniffer4D V2 + 固定翼

ペイロードコンパートメント内に設置し、空気交換の為にシュノーケルを使用


Sniffer4D V2 + 地上車両

屋根の上又はフロントガラスに取り付けられ、理想的には排気から離れる
 



  敏捷で柔軟。動き、振動、EMIの下で動作するように設計されています。
セルラー接続により、無制限の範囲でリアルタイムのデータ伝送が可能になります。
データ取得アルゴリズムと自動データバックアップにより、データの整合性が最高レベルに保証されます。



  シンプルさを追求した設計

プラグ&プレイ

セルラー接続とGNSSが組み込まれているため、Sniffer4D V2を機能させるために電源ケーブルを接続するだけです。
 
ステータスLED

Sniffer4D V2の6つのステータスLEDにより、ユーザーは作業ステータスをすばやく理解でき、作業効率が向上します。
 
フロント&バック警告灯

Sniffer4D V2の高輝度警告灯は、さまざまなガス濃度の下で色を変えることができ、現場の担当者にリスクを通知します。



ドローンのシームレスな統合

Sniffer4D V2は、DJI Payload SDKを介して、DJI Pilot画面にリアルタイムデータを表示します。
Sniffer4D V2のAPIを介して、他のドローンプラットフォームとの緊密な統合も可能です。
 
ごくわずかなウォームアップ時間

Sniffer4D V2の電源が切断されると、Sniffer4D V2は自動的に「休止モード*」に入ります。
このモードでは、最も重要なセンサーコンポーネントがまだ機能しています。
したがって、Sniffer4D V2の電源を入れると、センサーに必要なウォームアップ時間はほとんどなくなり、ユーザーが時間と競争できるようになります。



  検証済みのデータ品質

  柔軟で簡単な校正
すべてのSniffer4D V2は、出荷前に工場で調整されています。
6か月ごとにデバイスを再校正することをお勧めします。
Sniffer4D V2を調整するには、一般に3つの方法があります。

ガスの校正

既知の濃度の校正ガスを注入して、校正パラメータを決定します。
 
データ学習

Sniffer4D V2とローカル参照監視ステーション(同じ場所に配置)からの長期データセットを比較して、キャリブレーションパラメーターを決定します。
 
クイック調整

ローカルAQI情報を使用して、キャリブレーションパラメーターを大まかに決定します。



  優れた拡張性
1.ガスサンプリングモジュールを接続する。
 ソフトウェアまたはリモートコントローラーによってトリガーされます空気サンプルバッグがいっぱいになると自動的に
 停止します。

2.外部機器を接続する。
  風感知モジュール、放射線感知モジュール
  サーモフィッシャーPDR-1500、2B Tech POM

3.APIポート
 二次開発用に別のデバイス(フライトコントローラーなど)と通信する外部通信モジュール(プライベートLTEモジュール
  など)を接続する。




無線によるソフトウェアアップデートにより、新しい機能が導入されます。