Pix4D ドローンマッピングソフト
 
 Sentera マルチスペクトラルセンサー / 農業分析アプリ
 
 Micasense マルチスペクトラルセンサー
 
 HG ROBOTICS ドローン
 
 WingtraOne VTOLドローン
 
 Parrot マルチスペクトラルセンサー / ドローン
 
 大気汚染(大気質)マッピングシステム
 
 セミナー / 講習会 / ワークショップ のご案内
 
Apple端末をプロフェッショナル3Dスキャナーに Pix4Dcatch


     
地上データを取得

対象エリアを歩き回ると、Pix4Dcatchは自動的に動画から位置情報とオリエンテーションを含む動画フレームを記録します。
  進捗を管理

ARによって、動画のフレームにオーバーレイされる3Dメッシュでスキャンの進捗と被覆状況のライブフィードバックを得られます。
  一時停止、再開

録画はいつでも一時停止が可能。
ARフィードバックは 端末の画面に残り、どの部分が既にカバーされたのかを表示します。
  完了

取得した画像をPix4Dcloudへアップロード、もしくはPix4Dmapperにエクスポートし、精確で簡単に共有ができる3Dモデルと点群を作成します。
その上で、距離、面積と体積を計算し、バーチャル点検を行うことができます。



今日から無料でPix4Dcatchを試してみましょう ⇒






 Pix4Dcatchの特徴

どこでも、ポケットから出せる3D

簡単なデータ取得

だれでも、1タップで地上3Dモデルのために必要なデータが取得できます。
スキャンの進捗状況がリアルタイム3Dメッシュ化によるフィードバックで把握出来ます。
簡単なデータ取得

だれでも、1タップで地上3Dモデルのために必要なデータが取得できます。
スキャンの進捗状況がリアルタイム3Dメッシュ化によるフィードバックで把握出来ます。
簡単なデータ取得

だれでも、1タップで地上3Dモデルのために必要なデータが取得できます。
スキャンの進捗状況がリアルタイム3Dメッシュ化によるフィードバックで把握出来ます。






地上画像から3Dモデルを作成しましょう
  Pix4Dcloudに画像をアップロード

有効な Pix4Dcloud ライセンス*で、画像をアプリからクラウド処理のために自動的にアップロードしましょう。
モデル上でアノテーションを追加、計測し、より簡単なコラボレーションのために共有しましょう。
*処理する画像の枚数があなたの クラウド処理容量 にカウントされます。
Pix4Dmapperへ画像をエクスポート

有効なPix4Dmapperのライセンスを用いて、オンラインのファイル保管ソリューションまたはハードドライブを通じて画像をエクスポートします。
地上で取得した画像とドローン空撮の画像を統合し、完全で精確な現場の3D表現を達成しましょう。
 



対応するデバイス

Pix4DcatchはARでスキャンの進捗状況のフィードバックが得られる、LiDARスキャナーを搭載する iPad Pro に最適化されていますが、バージョン13.4.1以上の他のiOSデバイスでも画像を録画するのに使用できます。