• 会社概要
  • 採用情報
  • 保証・サポート
  • お問い合わせ
  • サイトマップ
  • ENGLISH
 
ホーム 製品情報 見積要請 ご注文方法 ご購入ルート 検索 Q&A窓口

TopPage > 製品情報 > ドローンによる空撮システム > ドローンマッピング・リモートセンシング、3次元モバイルマッピング講習会


 
 ドローンマッピングソフト
 
 Sentera
 
 Micasense
 
 Parrot
 
 熱赤外線カメラ
 
 大気汚染(大気質)マッピングシステム
 
 講習会
 
ドローンマッピング・リモートセンシング、3次元モバイルマッピング講習会

講習会 概要
世界で最も使われているドローンマッピングソフトの一つであるPix4Dmapperは、建設、鉱山開発、点検・検査、 環境モニタリング、不動産分野、航空測量、その他実に様々な産業分野で無くてはならない必要不可欠のマッピングツールとなっています。 Pix4Dmapperの最大の特長はマッピング作業のみにとらわれず高品質の画像を取得するための自律飛行・自動空撮アプリPix4Dcaptureから、タブレットから でも簡単に画像データのアップロードが可能なPix4Dクラウド、そのクラウド上での成果物共有、そして分析までの一貫した大きな流れをサポートしています。 また、DJI社やParrot社をはじめとするドローンメーカー及びMicaSense社やSentera社のようなマルチスペクトラルカメラメーカーは画像処理ソフトとして Pix4Dmapperを推奨しています。
弊社はPix4D社、Micasense社、Sentera社、Parrot社の販売代理店として、既にこれらのメーカーのソフトウエアあるいはマルチスペクトラルカメラ搭載ドローンをご購入されたユーザー様、あるいは今後の採用を検討されているお客様に 自律飛行・自動空撮アプリのPix4Dcapture、Atlas Flight、FieldAgent Mobile及びマッピングソフトのPix4Dmapperの様々な機能について実演を交えながら分かりやすく解説し、実践に役立つ使い方を短時間で習得していただく事を目標として、弊社あるいはお客様のご希望の場所で講習会を開催しております。

また、弊社では優れたドローンマッピングソフトであるPix4Dmapperならびにマルチスペクトラルカメラ搭載ドローンの普及を目的として講演会にも積極的に参加しておりますのでドローンマッピング・ドローンリモートセンシングに関する講演会がありましたら弊社までお声掛け下さい。


新規セミナー開催のお知らせ

日時
場所
セミナー概要セミナー詳細
2019年2月22日(金)
14:00〜16:00
弊社3Fセミナールーム
手持ち型レーザースキャナーによる歩きながらの3次元レーザーマッピングシステム「Zeb Horizon」の概要説明、使用方法、CloudCompareを使った3次元点群編集の説明、並びに実例のご紹介。セミナー後半では(ご希望の)参加者による実演も実施予定。パソコン持参もOKで、Zeb Horizonで生成されるlasあるいはlazファイルをご持参のPCで点群作成して頂きます。(Cloud Compareをあらかじめインストールしておく必要があります) GPSを使用しない環境下で相対誤差1cm〜3cmという高い精度で空間地図を作成するニーズは急増しています。是非ご参加下さい。
終了しました
2019年2月15日(金)
14:00〜16:00
弊社3Fセミナールーム
Matrice210搭載のSentera社ジンバルタイプマルチスペクトラルカメラAGX710及びMicaSense社ジンバルタイプ新型の熱赤外線センサー組込みの5波長マルチスペクトラムカメラALTUM Skyport搭載ドローンによるドローンマッピング&リモートセンシング技術のご紹介とPix4Dmapper及びPix4Dfieldsによる反射率計算と解析技術の実技について。
終了しました
2018年12月12日(水)
13:30〜16:30
国際フォーラム
ガラス棟会議室G409
GeoSLAM社エンジニアをお招きしてのGPSを使用しない3次元モバイルマッピングシステムによる構造物の3次元点群作成についての講演と実演。(GeoSLAM社協賛)
弊社WEBの関連ページをご参照ください。
終了しました

セミナー
風景写真
2018年11月28日(水)、
29日(木)、30日(金)
大分県産業科学技術センター内セミナールーム

お問い合わせ先:
幸 嘉平太(ゆき かへいた) 主幹研究員
大分県産業科学技術センター 電子・情報担当(大分県ドローン協議会事務局)
e-mail: ka-yuki@oita-ri.jp
Tel: 097-596-7100(代)
(1) Pix4D実技講習 「ドローンを用いた撮影デモと、Pix4Dmapper処理の一般的な解説」
Phantom4 Pro でフライトデモを実施、空撮で取得した光学画像の処理プロセスをご紹介します。可視光カメラの画像をPix4Dmapperで処理し、オルソ画像や点群を作成する手順を解説します。
(2) Pix4D実技講習 「Senteraカメラを用いたドローン撮影デモと農業向けNDVI処理の紹介」
Sentera製マルチスペクトラルカメラ・4K カメラ、ダブル搭載のPhantom4 Pro でフライト撮影デモを実施します。得られたマルチスペクトラルカメラの画像を、Pix4Dで処理し、NDVIマップを作成する手順の解説します。マルチバンド画像の処理プロセスもご紹介します。キャベツ畑、お米の圃場、ゴルフ場のグリーンやフェアウエイ、海面下にある藻、等の実例を詳しくご紹介いたします。
(3) Pix4D実技講習 「Phantom4Proを用いた撮影デモと測量向けGCP処理と計測」
Phantom4Proを用いて、Pix4Dcaptureアプリによるドローンの自動飛行・撮影デモを行います。得られた可視光カメラの画像をPix4Dで処理する際に、地上測量のGCPポイントを用いた補正により精度の高い3次元点群を作成し、長さ・面積・体積の計測をする手順を解説します。
(4) Pix4D実技講習 「農業向けPix4Dfieldsの紹介と説明および熱赤外画像の処理」
Sequoia+やRedEdge-Mマルチスペクトラルカメラで取得したマルチバンド画像をPix4Dfieldsに入力し、 画像処理によって2次元の各インデックスマップを作成したり比較・分析する手法を解説いたします。 また、ZenmuseXTの熱赤外R-JPEG画像を、Pix4Dmapperで処理し温度マップを作成する手順もご紹介 します。
(5) モバイルタイプ3Dレーザースキャナ実技実習 「GeoSLAM製スキャナを用いた建屋内でのスキャンから点群表示まで」
GeoSLAM社の3次元レーザースキャナによるSLAM技術をベースにしたモバイルマッピングシステムの説明及び3次元点群作成デモを行います。レーザースキャナでの屋内のスキャニングデモと、ロガーに記録されたデータをLASファイル出力してCloudCompareソフトで確認する手順の解説をします。ドローン空撮とあわせ、内外からあらゆる対象物を3D化できる技術です。
終了しました

セミナー
風景写真
2018年10月26日(金)
14:00〜16:00
弊社セミナールーム
GPSを使用しない3次元モバイルマッピングテクノロジー GeoSLAM "ZEB-REVO"による構造物の3次元点群作成について。⇒弊社WEBの関連ページをご参照ください。 終了しました
2018年10月2日(火)
14:00〜16:00
弊社セミナールーム
マルチスペクトラルカメラ搭載ドローンによる農業分野でのリモートセンシング(パロットジャパン社協賛) 終了しました

上記予定されておりますセミナーについてのご質問は下記フォームよりお気軽にお問合わせください。



対象者及び受講者数

● 受講対象者:Pix4Dソフトウエアあるいはマルチスペクトラルカメラ搭載ドローンを既にご購入のユーザー様、あるいは近々ご購入を検討されているお客様。ドローンマッピング・ドローンリモートセンシングにご興味がある方。モバイルタイプの3次元レーザースキャナーによる点群作成にご興味のある方。
● 受講者数:弊社で行う場合は最大16名、ご希望の場所で行う場合はその場所の収容人数内となります。


セミナー内容

セミナー詳細説明が上記の開催のお知らせにある場合はそれをご参照ください。講習内容は都度変更されます。

セミナー会場

基本的には弊社セミナールーム(東京都中央区日本橋蛎殻(かきがら)町1丁目16番地11号)で行いますが、ご希望の場所で行う場合はご相談下さい。これまでも北海道、青森、新潟、福岡、大分、千葉等の場所で 講習を行っております。

セミナー時間

2〜3時間(質疑応答や実演時間の関係で変動する場合があります。)

受講料

受講料については、本ページでご案内しているセミナーについてはその詳細欄をご参照下さい。別途リクエストされる場合は弊社までお問い合わせ下さるようお願いいたします。

お問い合わせ

受講をご検討中のお客様へ:

ご質問・ご相談、料金のお見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。





Copyright (C) Cybernetech Co., Ltd. All Rights Reserved.