Pix4D ドローンマッピングソフト
 
 Sentera マルチスペクトラルセンサー / 農業分析アプリ
 
 Micasense マルチスペクトラルセンサー
 
 Parrot マルチスペクトラルセンサー / サーマルドローン
 
 熱赤外線カメラ
 
 大気汚染(大気質)マッピングシステム
 
 セミナー / 講習会 / ワークショップ のご案内
 

Pix4Dreact


緊急時の対応と公共安全のための2D高速マッピング

キャプチャー

ドローンを飛ばして、必要な画像をキャプチャします。
ParrotやDJIドローン向けのPix4Dcaptureなどのアプリで、最適化され自動化されたフライトを計画します。
 
処理

Pix4Dreactのシンプルなツールを使用して、関心のあるポイントを特定および測定し、マップを地上でマークおよび評価して、必要なデータを提供します。
 
調べる

人間の目で視認できる情報を超えた理解・視覚化を実現します。



共有

マップをエクスポートして、チームと指示者が必要なときに効果的な情報を提供できるようにします。
 
応答

最新の地図を使用して、進化する状況に対応する際に時間を確保し、安全性を高め、コストを削減します。
 




緊急対応のためのマッピングソフトウェア

現場での迅速な判断とコラボレーションのために、信頼性の高い状況認識を取得します。

迅速
Pix4Dreactは、航空写真から数分で2Dマップを作成します。
なぜなら、時間が重要なとき、最新の情報は地上のチームにとって最も重要だからです。
 
使いやすい
複雑でストレスの多い状況でも、シンプルで直感的に使用できます。
Pix4Dreactは、公安および人道支援の専門家とともに開発され、独自の課題に対応しています。
 
軽量で堅牢
フィールドのミッドレンジコンピューターで動作するのに十分に軽量。
Pix4Dreactは処理にインターネット接続やクラウドに依存しません。


全機能リスト

直感的なワークフロー

Pix4Dreactは、ドローンの飛行や写真測量の経験がほとんどない人でも、直感的で使いやすいように設計されています。

複雑で進化している環境では、マップの作成、文書化、共有は、あらゆる緊急対応者がアクセスできるようになります。
 

マップの文書化、注釈付け、および比較

地図を地面に表示されているものと接続します。
現場から直接迅速に洞察し、関心のあるポイントを簡単にマークして測定します。                  
 

数秒で共有

2Dオルソモザイクマップと注釈を、電子メールで送信できるほど軽量なPDFレポートとして共有します。

興味ある領域の航空写真を特定してエクスポートすることもできます。
 

目的に適う

Pix4Dreactは、緊急時の対応に特化したスタンドアロンの2D高速マッピングソフトウェアです。
単独使用でも、調査グレードの再構築タスク用の主要な2Dおよび3D写真測量ソフトウェアであるPix4Dmapperのお供として使用することもできます。
 





必要なときに必要な地図
チームと決断者に、作業開始に必要なタイムリーで効果的な情報が提供される

2Dオルソモザイクマップ

Pix4Dreactは、高速ステッチング技術を使用して、多数の直下型ドローン画像を組み合わせることにより、正確な2Dオルソモザイクマップを作成します。

エクスポート形式: geoTIFF
 
マーカーと測定

プロジェクト内の関心領域またはGPS座標をマークし、地上の状況を測定して、スムーズなコラボレーションまたは長期的な文書化を行います。

エクスポート形式: .pdf
 
PDFレポート

2Dオルソモザイク、位置データ、マーカーを1つのファイルでメールで簡単に共有できます。

エクスポート形式: .pdf



地上の緊急チームを支援
緊急対応者の支援を受けて開発されたPix4Dreactは、公安および人道支援の専門家にとって最適な2D高速マッピングソフトウェアになるように設計されています。

地震
 
洪水
 
火事


行方不明者
 
戦術計画
 
人の移動