3次元ポータブルレーザーマッピングシステム
 
 光学カメラベースの車道・鉄道用3次元モバイルマッピングシステム
 
 Matrice200/210ドローン搭載可能なコンパクトLiDAR
 
 光学写真をベースにした3次元ドローンマッピングソフトウエア
 
 Orbit 3次元スマートマッピングソフトウエア
 
 セミナー / 講習会 / ワークショップ のご案内
 
Matrice200/210搭載用の新世代3次元レーザースキャナーシステム Compact LiDAR
Matrice 200/210ドローン搭載可能なCompact LiDAR 「Genius-GCL-16」 は費用対効果の高い測量グレードのLiDARソリューションです。
Compact LiDAR Genius-GCL-16は、マルチビームレーザースキャナー、GNSS& IMU、コンピューター制御ユニット、およびデータストレージユニットと統合されています。
Compact LiDAR Genius-GCL-16は、正確で、高度に統合され、超軽量で、操作が簡単で、取り付け/分解が迅速で、持ち運びが便利であるという特徴があります。
手頃な価格のユーザーソリューションとして、特にMatrice200/210ドローン対応します。
Compact LiDAR Genius-GCL-16を使用すると、測量士は効率的な地理空間アプリケーション用のデジタルサーフェスモデルと画像をすばやく取得できます。

 製品リスト

製品名 当社型番 説明
 Genius Compact LiDAR CT-GENIUS-GCL-16  Genius Compact LiDAR「GENIUS-GCL-16」一式の内訳:
 ・R-Fans-16レーザースキャナー
 ・Applanix APX UAV
 ・トラジェクトリーデータ用SDカード及びLiDARデータ用USBスティック
 ・GNSSアンテナ
 ・Matrkice200あるいは210に取り付ける為のマウントキット
 ・ハードケース
 ・PosPac UAVトラジェクトリープロセシングソフト

製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。




 各部の名称と機能

No. 名称 説明
1 R-ファン スキャナー
2 ポート 1 LiDARデータ記録用USBドライブ
3 GNSS信号LED 正常動作モード中は緑色点灯
4 PC信号LED 正常動作モード中は黄色点灯
5 電源ボタン スイッチオン・オフ
6 外部電源ポート 外部電源接続ポート
7 GNSSインターフェイス GNSSケーブル接続
8 ポート 2 POSデータ保存用USBドライブ
9 IMU試験ポート POS設定確認
10 M200/210への固定用プラットホーム
(ジンバルインターフェイス)
ドローンへ固定する為のジンバルメカニズム。
電力供給及びデータ転送も含む
 

 Compact LiDARの特徴
● 小型・軽量の為持ち運びに便利なMatrice200/210ドローンに搭載が可能。重量は1.2Kg、カメラ付きで1.8Kg
● 最大測定距離:200m、最大パルス周波数:640,000点/秒、標準点密度:200点/m2以上、測定精度:+/- 2cm、絶対精度:15cm以下、1:1000スケールの地形図精度に対応
● 光学カメラも取り付け可能


 Compact LiDARで取得のデータ処理の流れ



 技術仕様

項目 仕様 Genius-GCL-16 Genius CGL-32
システム
最大測定距離 ρ=20%:200m、ρ=80%:250m
パルス周波数 320kHz 640kHz
リフレッシュレート 5~20Hz
垂直方向精度 10cm以下
水平方向精度 相対精度:10cm以下、絶対精度:15cm 以下
60m高度での点密度 100点/m2 以上 200点/m2 以上
重量 1.2kg、カメラ付きの場合の:1.8kg
レーザー
スキャナー
スキャンFOV 360°x 30°
スキャン精度 2cm
エコー 2倍
エコー強度 8 bits あるいは 12 bits
スキャナー重量 738g
GNSS / IMU
IMUリフレッシュレート 200Hz
測位衛星 GPS L1/L2, GLONASS L1/L2, BEIDOU B1/B2
処理後の位置精度 水平:2cm、垂直:5cm
処理後のドリフト精度 0.3°
処理後ピッチ・ロール精度 0.08°
カメラ
(オプション)
ピクセル数 42メガピクセル
カメラ FOV 81° x 59°
最小キャプチャーレート 1.5s
ソフトウエア
PosPac UAV GNSS/IMU ポストプロセシングソフトウエア
UI-RF 3次元点群プレプロセシングソフトウエア
SS-Powerline 電力線点検ソフトウエア
SS-Survery 3次元点群ポストプロセシングソフトウエア



 応用事例

  ● 鉱業調査のプロジェクト

・プロジェクト要件
露天掘り鉱山のための体積計算とDSM生成

・飛行実行
エリア:0.2 km2  飛行高度(AGL):40~70 m
飛行速度:6 m/s  点密度:300pts/m2

・結果
山岳地帯での容易な離陸/着陸により、露天掘り現場でも使用可能。

  ● 電力線のモニタリング

・プロジェクト要件
高密度、高精度のポイントクラウドデータを使用した電力会社の電力線検査レポートの生成。

・飛行の実行
飛行高度:60~80 m
電力線の長さ:2.5 km(5つの電力塔を含む)
飛行速度:4 m/s

・結果
UAV LiDARは、電力線検査用の安全で高速かつ高効率のツールです。
点群データを使用して3Dモデルを生成し、送電線と危険物の間の距離を測定することにより、既存/潜在的な危険物を特定できます。

・電力線検査レポート
電力線検査レポートは、電力線分析ソフトウェアを使用して生成できます。
このプロジェクトは、220KVの仕様と規制に基づいています。

  ● 地形測量プロジェクト

・プロジェクト要件
DSMおよび等高線の生成

・飛行実行
エリア:3 km2  飛行高度:50~100、
行間隔:45 m  飛行速度:5 m/s
点密度:300 pts/m25

・結論
2人のスタッフのみでこのタスクを完了できます。
システムの効率は、約5km2の飛行面積でほとんど実証されています。


 3Dモデリング
高さの度合いで色付けされた点群
分類された点群
画像マッピングされた点群
関連する斜めカメラ画像
未加工3Dモデル
画像マッピング3Dモデル


 農林業調査
・植生調査;
 森林パラメータの決定;
 体積計算;

・林業の点群データ;

・デジタルキャノピーモデルと個々の木のセグメンテーション;

・点群クラスタリングによる個々のツリーパラメータ推定;
● 建設調査

● 高精度マップ