GeoSLAM 3Dモバイルマッピングテクノロジー
 
 imajing 車道・鉄道用 3Dポータブルマッピングシステム
 
 Orbit GT 3Dスマートマッピングソフトウエア
 
 セミナー / 講習会 / ワークショップ のご案内
 

Orbit 3DM Content Manager
3DM CONTENT MANAGER

3Dマッピングデータ一連の不可欠なステップ

整理&管理、カタログ&アーカイブ
改善&画像と3次元点群の最適化
QA / QC、文書およびレポートに依存しない
キャプチャ後に既成のプロジェクトを提供可能
アップロードしてオンラインでデータ共有できる
  


 特徴
   会社全体のマッピングデータを管理します

地図作成、タグ付け、データ共有する前にすべてのポイントクラウドのデータを処理し、インポートするというのは基本的なプロセスの流れです。
Orbitの優れたマッピングエンジンに基づき、3DMコンテンツマネージャーは屋外、オブリーク、UAS、またはモバイルマッピングのポイントクラウドをオーバービュー、アーカイブ、マージ、整理、修正、またはカタログする、すべてのツールを提供します。

3次元地図サービスプロバイダーの基本的なツール

屋外、モバイル、またはアエリアルマッピングプロジェクトの3次元データを共有する前にデータをパフォーマンス、使用、およびさらなるストレージのためにデータを最適化する必要があります。
すべてのデータを会社、またはプロジェクトレベルでアーカイブします。
Lidarデータの整理、雑音の削除、画像の最適化、位置精度の分析とレポートは3Dデータ管理の重要な手順の一部にすぎません。
  

   行力な業界サポート

Orbitの3Dマッピングソフトウェアは、すべてのモバイル、UAS、オブリークおよび地上のマッピングハードウェアシステムをサポートし、異なるデバイスのセットアップと仕様を単一のユーザーフレンドリーな環境に変換します。
各車両のセットアップに合わせて調整されたテンプレートにより、Orbitの製品はインポートを非常に簡単にします。

3Dマッピングカタログ

すべての3Dマッピングデータの概要をキープする
複数のパスを表示し、位置精度を確認する
開く、処理する、アーカイブする、統合することを選択できる
  

   処理および最適化ツール

点群の間引きと除去
画像の最適化
点群からのオルソ
球面画像からのオルソ
処理タスクマネージャー
データの統合と配信

位置精度の調整

グラフ、地図上の色分けによる位置精度の分析
トラジェクトリーの任意の長さを選択可能
GCPを読み込み、制約を測定する
トラジェクトリー調整の即時プレビュー
修正の後処理可能
点群も画像も位置、角度も調整可能
  

   複数のパス、物体、ノイズのクリーンアップ

動体の除去する
人間を除去する
不要な要素を除去する
不純物を除去する
点群を統合またはエクスポートする

3Dマッピングクラウドまたは3DMパブリシャーにアップロードする

統合されたモバイルマッピングプロジェクトを、直接3dmapping.cloud, Orbit GT SaaSおよびクラウドベースのオンラインプラットフォームにアップロードするか、3DMパブリシャーでオンプレミスソリューションとしてポイントクラウドおよび画像をオンラインで共有できます。