3次元ポータブルレーザーマッピングシステム
 
 光学カメラベースの車道・鉄道用3次元モバイルマッピングシステム
 
 Matrice200/210ドローン搭載可能なコンパクトLiDAR
 
 光学写真をベースにした3次元ドローンマッピングソフトウエア
 
 Orbit 3次元スマートマッピングソフトウエア
 
 セミナー / 講習会 / ワークショップ のご案内
 

光学カメラベースの車道・鉄道用 3次元モバイルマッピングシステム "ImajBox"
ImajBoxは、専用の光学カメラを使用して車道あるいは鉄道路線に沿って高速で大量の地理参照データ収集する為に設計されたコンパクトでポータブルなモバイルマッピングシステムです。
車、トラック、あるいは電車や列車に搭載した専用の光学カメラ「ImajBox 3TX」は、路線上に展開されている路線資産をマッピングシステムの中でデジタル化し管理できます。


多彩なツール

車、トラック、列車、またはボートに取り付けられたImajBoxは、数キロメートルから数千キロメートルの移動経路上での公共環境を調査できます。
ImajBoxは、公共交通のネットワークを調査し、最新のデータを取得するのに最適なツールです。

 製品リスト

製品名 当社型番 説明
ImajBox 3TX CT-IMAJBOX-3TX 車載あるいは列車に搭載して使用。GPS L1, L2, L5レシーバー、IMU、CMOSグローバルシャッター、解像度:4096x2160ピクセル、128MB SSD内蔵、連続3時間使用可能な内蔵バッテリー、車の屋根あるいはフロントガラスに固定する為の強力吸盤方式の固定用ギア(3式)、ハードケース
ImajView CT-IMAJVIEW-M 月間ライセンス、デバイス数:1、ImajBox 3TXで取得したデータを処理し3次元ポジショニング、計測、マーキングを可能にするImajBox用専用ソフトウエア。Window 8/10対応。
CT-IMAJVIEW-Y 年間ライセンス、デバイス数:1、ImajBox 3TXで取得したデータを処理し3次元ポジショニング、計測、マーキングを可能にするImajBox用専用ソフトウエア。Window 8/10対応。
CT-IMAJVIEW-P 恒久ライセンス、デバイス数:1、ImajBox 3TXで取得したデータを処理し3次元ポジショニング、計測、マーキングを可能にするImajBox用専用ソフトウエア。Window 8/10対応。


製品についてのご質問・ご相談、価格見積もりなど、下記フォームよりお気軽にお問合わせください。




 車、列車あるいは特殊車両へのImajBox 3TXの搭載風景
 
     
 
     


 作業の流れ
 
 ImajBox 3TXの撮影開始と終了

 
ImajBox 3TXとタブレット間のWiFi通信を維持し、開けた場所でGPS衛星受信数が最大になりPDOP数値も低い値を示す場所でタブレット(iPhone等)上のアプリで撮影スタートボタン(右図三角ボタン)を押します。撮影終了時はエンジンを止め静止状態にしてから撮影終了ボタンを押します。 


 走行中のImajBox 3TXで取得のデータ
 
    
ImajBox 3TXが走行中に取得するデータは光学カメラによるAVIデータ、カメラに組み込まれた(あるいは外部の)GPS受信機によるGNSSデータ、及びカメラ内部に組み込まれているIMUによるIMUデータの3種類です。走行終了後に付属のUSBスティックでデータを取り出します。


 ImajBox 3TXで取得の位置座標付き画像をImajViewソフトで処理し表示ImajViewソフトのページ参照
 
ImajBoxを車の屋根に固定して道路上のアセットのデジタル化   ImajBoxを列車のフロントガラスの内側に固定して線路上でのアセットのデジタル化


 フランスでのImajBoxの使用例
 
鉄道路線上の大量のデジタルデータ取得の為、ImajBoxを使用するモバイルマッピング技術がフランスの鉄道会社で利用されています。
2016年11月から、鉄道路線調査用列車3台がそれぞれImajBoxモバイルマッピングシステムを列車の前方及び後方の2か所に常時装備することが決まりました。

鉄道路線調査用列車は毎8週間から16週間おきにフランスの主要な鉄道路線を測量し、鉄道路線に沿って3メータおきに大量の画像データを取得しています。実にその距離は1か月で18000Kmにも及びます。
これらの地理情報画像はImajViewで加工され、データは計測・ポジショニング・線形リファレンスツール付きの形でSNCF(フランス国鉄)内部のユーザーで利用されています。


 ImajBoxプロモーションビデオ
 
ImajBoxを車の屋根に固定して車道走行データ収集   ImajBoxを列車のフロントガラスの内側に固定して鉄道走行データ収集


 仕様

 GNSS受信機
すべての可視衛星を同時に追跡するための448チャネル GPS: L1, L2, L5
GLONASS: L1, L2, L3
Galileo*: E1, E5a, E5b, AltBoc
BeiDou*: B1, B2 SBAS: EGNOS, WAAS, GAGAN, MSAS, SDCM (L1, L5)
QZSS: L1, L2, L5
統合デュアルチャネル L-バンドレシーバー
サポートされているリアルタイムモード: スタンドアローン、SBAS、dGNSS**、RTK(オプション)**、PPP(オプション)***



*オプション
**WiFiを介した基地局補正のためにNTRIPフレームのストリーミングが必要です。
***Terrastar サブスクリプションが必要です
最初に修正する時間: コールドスタート < 45s
ウォームスタート < 20s
 アンテナ
統合RTKグレードL1 / L2 / L5: GPS/GLONASS/GALILEO/BEIDOU アンテナ
外部アンテナ用コネクタ(SMA) 外部アンテナへの自動切り替え
外部使用のためのパッチアンテナ: GPS / GLONASS L1 / L2パッチアンテナ
レバーアーム入力用インターフェース
 IMU
ジャイロスコープ: DX3慣性移動ユニット6軸
ダイナミックレンジ:±280°/ s
実行中のバイアス安定性:12°/hr
角度ランダムウォーク:0.56 /√hr
加速度計: ダイナミックレンジ:±5g
実行中のバイアス安定性:0.25mg
速度ランダムウォーク:0.073m / sec /√hr
 イメージセンサー
センサー シングルCMOSグローバルシャッター8.9メガピクセル
結果 標準:4096x2160ピクセル
オートトリガー 設定可能な画像取得の内部距離(0.5mから10mまで)
最大フレームレート 10fps(フル解像度)
超高速の自動露出 3つのゾーンプリセット、最適化されたディベヤリング
 光学
高深度 固定焦点マルチレンズ
カメラから0,5から100mまで鋭く
HFoV 100°
 ストレージ
内蔵SSD 128 GB
リアルタイムのサポート USB3経由の外部ストレージ(Pendrive、HDD、SSD)
データ管理インターフェース 内蔵SSDからUSBへのコピー用
イーサネットのサポート 内部SSDに直接アクセスするためのSAMBA共有
 接続性
USB 3、イーサネット、Wi-Fiホスト(Webリモートコントロール用)、Wi-Fiクライアント(修正用)
 ソフトウェア
ImajBoxは、Windows X64向けの後処理ソフトウェアとともに提供されます。 イメージング ブラウザ、イメージング 3D Pro、イメージング 慣性ビジョン融合アルゴリズム
 運用制限
調査速度 0 ~ 180 km / h
温度 -10°C ~ 40°C
保護レベル IP 65
 ハードウェア
外形寸法 高さ: 175 mm、奥行: 165 mm、幅: 145 mm
重量 2 Kg
電源 3時間スタンドアロン調査用の12V / 3A内蔵バッテリー
パッケージ 小型フライケース、3サクションパッド、1 USBペンドライブ 128GB、 1 外部アンテナ(L1 / L2)、セキュリティストラップ、シガーライター電源ケーブル、AC / DCコンバーター110 / 240V 12V 3A